UnNews:開票速報ならぬ「採点速報」開始へ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
会見する大分県教委の小矢文則教育長(左)ら

【2008年7月27日】

大分県教育委員会は26日、NHKおよび民放各社に教員採用試験の「採点速報」の放送を申し入れることを決定した。 テレビ局側が受け入れるかどうかは不明だが、実現すればバラエティお笑いを凌ぐお茶の間娯楽「開票速報」の姉妹番組が誕生することになる。

一連の教員採用汚職事件の発覚後は全国で透明性の確保、不公平性の排除などを目的とした取り組みが行われており、今回の決定もそうした潮流に棹さす形である。 メディアを利用した取り組みは全国でも例がなく、「震源地だけに革新的な内容」(県教委幹部)を意識したようだ。


▽小矢文則教育長の話
速報に対応するため採点員を大量雇用することで失業問題も解決でき一石二鳥。我ながら名案だ。

(記者に「年がら年中採点するわけではないのだから その効果は一過性のものにすぎない」と指摘されて)とにかく、これからは不正にも迅速性が求められるだろう。もう「袖の下」といった奥ゆかしさの時代は終わった。


▽教員採用試験の裏事情に詳しい芭香田大学の亜穂林教授の話
数ある公務員採用試験の中で教員採用試験だけが注目されるという点には若干の不公平感があるが、個人的には興味深い取り組みだと思う。 ウブなピアノ演奏や不器用な泳ぎを楽しみたいので、できれば試験実況もしてほしいところだ。


最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ