UnNews:新人アイドルの卵、自宅で腐乱して発見。硫化水素自殺か

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

2008年6月20日

東京】6月15日、「アパートの一室から硫化水素のような臭いがする」との通報があり、警察消防が駆けつけて住人が一時避難する騒ぎがあった。

この事件、最近よくある硫化水素自殺のひとつと思われたが、そうではなかった。実はこの事件のあった部屋、最近デビューしたばかりの新人アイドル(19) のものだったのだ。

事務所関係者によると、このアイドルは1年ほど前にグラビアアイドルとしてデビューしたが、数ヶ月ほど前から仕事のオファーがなく悩んでいる様子だったという。 アパート住人の話では、今年の春頃まではアイドルの姿を見かけることがあったが、5月頃から姿を見かけなくなっていたらしい。

警察の発表によると、アパートの室内には硫化水素特有の腐った卵のような臭いが充満しており、換気をして3時間後に救助に入ったが、室内の冷蔵庫から腐乱した鶏卵3個(賞味期限:2008年5月3日) が発見され、その場で死亡が確認された。 卵の殻には「硫化水素発生中。割らないでください」と書かれていた事から、料理に使ってもらえない事に悩んだ卵が硫化水素による集団自殺を図ったものと見て捜査を進めている。

今回の事件を受けて、当の新人アイドルは「卵は10個入りパックを買ったが使い切ったと思っていた。数ヶ月前から仕事のスケジュールがなかったので部屋のブレーカーを落として地元に帰っていた。まさかこんな事になるとは思ってもみなかった。本当にすいません。」と反省しきり。 一方、所属事務所はこの事件を売り出すきっかけにしようと躍起だ。「愛のエプロン」などの料理バラエティ番組を中心に出演依頼を出しまくっているが「死にたくない」などの理由で断られることが多いという。

取材の最後にアパートの住人に今回の事件の感想を聞いてみたところ「卵が硫化水素自殺? 単に卵が腐ってただけでしょ」などの冷めた意見がほとんどを占め、人間関係が希薄となった都会のアパートの冷酷な面を見せつけられる結果となった。

アイドルに買われたのに料理してもらえず、都会のアパートの一室で誰にも知られずに自ら死を選んでいった卵たち。一記者の卵としては、何ともいたたまれない事件だった。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ