UnNews:少子化対策、政府が恋愛結婚にも介入

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

少子化対策、政府が恋愛・結婚にも介入を(政界日報 日本版)

少子化担当相は7月1日の会見で、少子化対策として政府が恋愛や結婚に関しても介入していく方針を明らかにした。

これまで、少子化対策として、政府は経済対策に力点をおいた政策を行っており、育児手当や扶養者控除の撤廃、国公立学校における学費の値上げ、周産期医療の規制強化や費用高騰のための対策を行ってきた。これにより、育児や出産のためのハードルが上がり、民度の低い貧困層が繁殖できなくなることが見込まれていた。

しかし、近年は経済面で子を持てない世帯や、育児手当だけを目的に大量の子を無秩序に産む世帯が増加していることが問題となっている。

現在、ほぼ未成年の恋愛は自由に行うことが可能になっている。

政府は、未成年の恋愛や結婚は重大な性犯罪であることを改めて国民に警告し、貧困の再生産の原因となる無秩序な恋愛の自制を呼びかけた。将来的には、財界の要望する通り、民度が低い貧困層の有権者は一掃され、高収入の高年齢層だけが選挙権を持ち、高収入層のための政治を推進できる見通し。早ければ2010年には未成年の自由恋愛や暴動・騒擾行為に結びつく、未成年同士の画像や文書の自由なやりとりが禁止される。

なお、選挙権をもたない移民(在日外国人)については、国政への関与がないため民度低下は問題視されておらず、地方自治のなかで人権保護のため差別者の摘発を担う立場でもあり、少子化対策の対象とはならない。警察のノルマや統計の対象でないため犯罪捜査の対象にもならない。世界世論、特に周辺諸国の意向としても、日本人のみの少子化や金融資産の開放が求められているためである。

ある自民党議員は「至高者である、霊的に最高位の人間が、合同結婚式で相手を決めることが、新しい日本の少子化対策として望ましいと考えられる。政治資金を民主党みたいにバレないようにくれる団体がそう言ってるんだからそれで正しい。婚前交渉は性犯罪であり、日本の社会から追放すべき存在である。」と延べ、貧困対策としての少子化対策の重要性を強調した。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ