西又葵

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「西又葵」の項目を執筆しています。
「西又葵はワシが育てた。」
西又葵 について、団次郎

西又 葵(にしまた あおい、1942年6月4日 -)は日本を代表する判子職人である。通称:「ジャガー横田」「御大」「ちんぽ先生」

概略[編集]

極めて高いクオリティを誇る西又の判子。誤差の少なさは特筆すべきである。
ゴドレイ&クレームの「クライ」やマイケル・ジャクソンの「ブラック・オア・ホワイト」のPVを想起させる素晴らしいモーフィング技法である。

東京藝術大学美術学部彫刻科卒。在学中に発表した芸術判子「夏色剣術小町」は和を取り入れ、材質に竹を用いた作品で内外から高い評価を得る。

卒業後「BasiL」というゴム印製造会社を営んでいた。当時、会社は繁盛していたが、芸術家によくある自らの芸術性と商業主義の乖離に悩みはじめる。結果、会社は倒産という形で幕を下ろした。

現在は東京都千代田区岩本町に「Navel」という落款、蔵書印、住所印など様々な印鑑を手がける手彫りの判子作成工房を開いている。

製品は全て手彫りでありながらも、CAD等の大量生産品に勝るとも劣らない精密な判子を作る頑固な職人として有名で、我々に人の力、手作業の偉大さを教えてくれる重要な存在であると言える。判子といえば、同業界には七尾奈留池上茜樋上いたるといった判子職人がおり、彼女と並んで判子絵四天王と呼ばれているようだ。同業界にはその他にもべっかんこう山本和枝といった判子職人が増える傾向がある。他にも別業界で鳥山明という御大もいる。マイナーなのではのぼうの城花咲アキラもいる。

店頭販売なども行っており、アニメ漫画等に理解のある本人がコスプレをしながら売り子をしてくれる姿も稀に報告されている。

現にNavelは西又、鈴平の二枚看板であった時代もある。しかし、鈴平は退社。退社の理由については、判子の芸術性や形状について、ついに口論となり袂を分ったのだという憶測が囁かれている。でもコンビは続けているのでその話は作り話という可能性も。

エロゲーヲタから搾取した財を、素敵な夜景を見ながらワインを飲む☆、伊豆・鳥羽・熱海・京都などへの旅行、その他スイーツ(笑)な趣味、犬5匹、猫21匹などに消費されてしまうことに関しては、なんとも資本主義的で微笑ましい。

2007年文部科学省から重要無形文化財として人間国宝に認定された。

2008年農林水産省の関連機関の監督により、お米の品質証明印の製作を受託。彼女が作成した証明印を押捺された米袋は、政府のお墨付きと見なされ、通常の三倍の売り上げを果たしたという。

2009年、映画「スター・ウォーズ」の判子絵をジョージ・ルーカス監督らから依頼されていたことが分かった。 同年、神社庁の命により、本人を御神体とした西又葵神社(アキバのうさぎ神社)が建立された。生前の人間が御神体として祭られた例としては織田信長以来の快挙。

関連項目[編集]


CCSakura under moonlight.jpg はにゃーん。この記事 「 西又葵 」は書きかけだよぅ。
でも頑張って書けばなんとかなるよ、絶対、大丈夫だよ。 (Portal:スタブ)