海水欲情

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。

海水欲情(かいすいよくじょう)、あるいは海水欲情症候群(しょうこうぐん)とは、海水に欲情してしまうという精神疾患の1つである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「海水欲情」の項目を執筆しています。

疫学[編集]

  • 好発年齢は10代~30代半ばであり、特に10代、20代の若者に多い。
  • 発症時期は極めて限定的であり、しかも地域差がある。本州においてはおおむね7月1日から集中的に発症し、南方はやや早く、北方はやや遅い。
  • いわゆる「海開き」の時期を境に集中的に大量発症するが、原因はいまだ明らかにされていない。

症状[編集]

この疾患を発症すると、海水を求めて猛烈に海水浴場に行きたくなり、さらに

  • 「意味もなくお互いに海水をかけあって大量の海水を全身に浴びる」
  • 「意味もなく海辺でプカプカ浮いたりする」
  • 「意味もなく波打ち際で人を追いかけたり、追いかけられたりする(しかもニヤニヤ笑いながら)」
  • 「ドサクサにまぎれて海面下でオナニーしたりする」

といった重篤な症状が表れる。

原因[編集]

海水に大量に含まれているDHMOが原因ではないかと言われているが未だ定かではない。また、海水中のが原因ではないか、という説も存在するが、この説を支持する学者は一部である。

治療法[編集]

  • 原因不明であるため、治療法はない。もしどうしても治したいのであれば、本人を拘束したり、本人の足を切断したり、ヤバい物を飲まして(or喰わせて)体を弱らせて海水浴場に行かせないようにしたりするしかない。
  • しかし、そんな事をしなくてもほとんどの者は、夏の時期が過ぎれば症状が消失する。
  • もし、夏の時期が過ぎても症状が消えない場合は、別の病気の可能性がある。本気で病院に行った方がいい。

関連項目[編集]

Kamiraku.jpg ・・・書きかけアル。この記事「海水欲情 」は書きかけアル。いいネ。ほっとけヨ。書き手には途中でやめたい時もアルネ。い・・・いらないネ、そんなチャラついた加筆

・・・・・・・・・オイ待てヨォォ!! 変アルヨなんかこの記事、このまま放っておいたら変ネ! やっぱ少しだけ書かせてあげてもいいアルヨ! (Portal:スタブ)