女子中学生のプール掃除

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

女子中学生のプール掃除とは、全国の約8割の中学校に存在する男子生徒にとっての唯一のビッグイベントであり、中学校の教師になる人も一番楽しみにしている行事である。プールが備わっている全国の中学校の男子生徒の約90%以上が楽しみにしている行事であるとともに、中学校教師が教師生活の中で唯一「中学校の教師になって良かった~」と思えるイベントでもある。

概要[編集]

名前のとおり、プールが備わっている全国の中学校で行われるこの行事(イベント)の主役は女子中学生である。本来のプール掃除の目的は3年生の生徒が授業の時間を使って行う、あるいはグラウンドなどで活躍する部活(陸上部野球部ソフト部バレー部など)の生徒が本来部活を行う時間帯に、約10ヶ月間使わなくてベトベトに汚れたプールやプールサイドの掃除をしてその中学校の生徒たちが清潔にプールを利用できるようにするという立派な仕事であるが、それは学校側…いや、日本政府が国民に説明している表向きな目的である。 裏では国民政府、そして学校側の教師たちが考えている邪悪な目的があるのだ…。

プール掃除でよくあること[編集]

プール掃除でよくあることが、「最初は落ち着いてしっかりと掃除をしているが時間が経つとともに男女のテンションが上がっていき、教師が目を離すと水の掛け合いが始まっていて最終的には男子も女子もほとんどの人が全身ずぶ濡れになっている」というパターンである。 女子生徒は中学校に入ると思春期による異性の意識からブラジャーの透けなどを気にするようになる。 しかしプール掃除のときだけはそんな意識も異なり、普段いつも服の透け具合などをしつこく気にする女子でもテンションが妙に上がり水を大量にかぶってブラが透けても気にしない。つまり、学校生活で滅多に見れない女子中学生のずぶ濡れ姿&透けブラを見れる。近年では、プール掃除と聞けば透けブラ&びしょ濡れフラグが立つと言われるくらいである。 実は男子生徒や教師、そして政府(文部科学省)の真の狙いはここにあったのだ…。

詳細[編集]

この行事が行われる時期[編集]

学校によって多少異なるが、だいたいその年の6月上旬~7月上旬に行われる。 男子生徒のテンションはそのプール掃除の日が近くなればなるほど上がっていく。

服装[編集]

ここがこのイベントで一番大事なところ!プール掃除をする際の服装は掃除ということで汚れることが前提されているので基本的に体操服である。体操服のような白Tシャツを着てもOK。(全国の中学校の約4割は制服でプール掃除を行う学校もあるようだ)しかし、ここにも教師の陰謀がある。教師は「汚れるから体操服を着てください」と言っているが正しくは「プール掃除は高確率でずぶ濡れになるので下に着ているものが透けやすい体操服を着てください。決してジャージとかは着ないでください。体操服よりも薄い白Tシャツならもっといいよ~」と言っているのと同じである。 この時女子の裸足姿も見たい人がいるだろう。

小学校の場合[編集]

小学校ではあらかじめ、プール掃除を行う日時を1週間ほど前から生徒たちに告知し、さらに「当日はプールの道具も持ってきてくださいね。忘れたらプール掃除は見学することになります。」などと言うため当日はスクール水着(普段水泳の授業で使うやつ)の上に体操服を着用して水に濡れてもよい格好で行うことが多い。これだと体操服がびしょ濡れになり下に着ているものが透けたとしても、下に着ているものは普段水泳の授業で普通に見れるスクール水着。WET好きにはそれだけでも少しは興奮するのだろうが、あらかじめ濡れる覚悟をしているのだとバレバレなので一般生徒はあまり興奮しないだろう…。おまけに小学生の女子はあまり活発的ではないのでプール掃除終了までにびしょ濡れになる女子といえば平均的に3~4人ほどしかいない。

中学校の場合[編集]

中学校では小学校とは異なり、プール掃除を行う日時をあらかじめ教師が教えてくれない学校がほとんどである。プール掃除が行われる当日に、いきなり教師が「あ…、今日3年はプール掃除だから、5時間目と6時間目にやるから昼休み終わったら体操服に着替えてプール出入り口前まで来いよ」などと告げる。つまり、中学校のプール掃除は当日まで「いつプール掃除をやるか」が告知されないのだ。そのため、水着を持ってきて服の下に水着を着用してプール掃除を行う女子はいるわけがない。もしも偶然水着を持ってきてる女子がいたとして(5%の確率)その女子が最高に可愛い子であったら世界一最悪な瞬間を味わうであろう。とにかく、小学校と中学校のプール掃除の大きな違いは下に着る物である。あらかじめ告知される小学生は基本的に服の下にスクール水着を着用してびしょ濡れになるが、あらかじめ告知されない中学生は99%の確率で普段体育の授業を行う時と同じ服装で水を浴びたりかけられたりしてずぶ濡れになるのだ。それだけでなく女子中学生は小学校のころとは異なり、思春期を迎えているということでこのような1年に1回しか行わない貴重な行事イベント(体育祭や文化祭と同じレベル)になると行事が進めば進むほどテンションが上がっていき、最終的には男子と同じような活発的なテンションになり自ら水をかぶったりしてずぶ濡れになってくれる。さらに中学3年生のプール掃除になると「これが終わったらもう一生このメンバーでプール掃除ができない」と思い込み、約80%の以上の確率でプール掃除後半から大水合戦が始まり最終的には男子生徒は上半身裸、女子生徒もブラジャーがスケスケになるほどずぶ濡れになるのだ。そして、女子生徒のスッケスケになったブラジャー姿を、男子生徒諸君は貴重なオカズとしてありがたく頂戴し、シコシコするのである。

関連項目[編集]