大後悔時代

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「大後悔時代」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
Bouncypotato.gif
この記事「大後悔時代」は何故か「大航海時代」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

大後悔時代(だいこうかいじだい)は、ヨーロッパ中心史観で語られる時代の一つ。

概略[編集]

一般的にはヨーロッパが長きにわたる地理上・地政学上の諸問題を解決し、インドまでの直接航路を「発見」した15世紀末頃から始まるとされる。

航路の発見により多くの食い詰め者や借金で首も回らなくなった中産階級がこぞって「新天地」に渡り一旗揚げようと試み、すでに多くの人が住んでいる島にむりやり上陸・占拠、スペインイギリスの女王に捧げるという失態を演じた時代である。住み慣れた土地を捨てて疫病や有毒生物が蔓延する(と喧伝された)土地に行きたがるのは相応の理由を持った者だけであり、宗教的熱狂や経済的繁栄を求めての俗悪な行為だったといえる。

影響[編集]

ヨーロッパの人々はそれまで広い海と言えば地中海大西洋しか見たことがなく、広大な海原に出て初めて後悔術が盛んになった。後悔術とは、「ああ、俺はどうしてこんな無謀な冒険に乗り出してしまったのだろう」という後悔を「いやここまで来たらやるしかない」と開き直り意志の力に変える秘術である。詠唱時に使う秘薬として"神の飲み物たる赤い液体"や"魔法の白い粉"などが重宝された。

先住民の所有権を否認して土地を接収するために法律や軍事力が整備され、後にジャイアニズムと呼ばれる所有一元化理論が生まれることになる。

当時熱狂的に求められていたのは"黄金"と"胡椒"である。黄金は美しく気位の高い女性からときおり採取されることもあるが、埋蔵量には限りがあるためもっぱら胡椒が求められた。胡椒は肉の貯蔵技術に乏しかったヨーロッパ世界において、腐肉を食するためにかかせないものであった。そのためゾンビに胡椒をすりこむと消滅するという伝説さえ生まれた。

終焉[編集]

結局黄金や胡椒を夢見て海に乗り出した者たちは、象牙のあつまる「象の墓場」や「黄金の国」、「黄金の都市」などという与太話に惑わされ、全財産どころか命をも失うことが少なからずあり、それに関わった人々は後悔した。

国家としては領土の拡大に歓喜していたが、数百年後に人権・環境・領土などが問題視されて侵略国家のそしりを受け、税収も上がらない飛び地の領土への膨大な税金投入を求められて子孫が後悔した。

歴史上初めてヨーロッパという枠組みから脱却し、「新大陸」を「発見」したはずだが大陸は常にそこにあり、発見されるものではないだろうという意見、果ては8世紀にすでに北欧の人々(バイキング)が通った道をなぞっただけであるという批判が生まれ、後悔した。

18世紀になるまで世界の中心は中国であり、対等な貿易さえ認めてもらえなかったのでしまいには麻薬を売りつけ、その制限を口実に相手国を責めるという破廉恥な戦争を起こし後悔した。

このような経緯から誰ともなくこの時代を大後悔時代と呼び、歴史的な後悔を集約する時代としての認識が出来上がった。

発展[編集]

人間の一生にもこのような、自意識過剰による大言壮語や自己評価の失敗による分不相応な行動による「大後悔時代」があるという。

関連項目[編集]


い、いかん「大後悔時代」が書きかけのままだ!え、援軍を呼ぶのだ!アワワ……いかん、これは孔明の罠だ! (Portal:スタブ)