原産地名称保護制度

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

原産地名称保護制度(げんさんちめいしょうほごせいど)とは、EUが誇る名産品をゲームと見れば何でもファミコンという人たちや、食い物の評価はカロリーが全てな人々隙あらばぱくる人たちとりあえず起源を主張する人たちなどから守るためにフランスやイタリアの制度を元に制定された制度である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「原産地名称保護制度」の項目を執筆しています。

概要[編集]

ある「地域」で、その「地域で取れた原料」を用いて特別な「製法」で作られた特産品(主に食品)に、特別な名前を名乗ることを許可すると共に、それ以外のものが同じ名前を名乗ることを排除するという制度である。この制度や各国の類似の制度によってシャンパンやポートワイン、パルミジャーノレッジャーノなどが守られていて、同じ名前を違う製品につけると怒られることは有名である。ただの炭酸飲料や甘味料を入れたワイン、プロセスチーズを削ったものに同じ名前をつけるなどもってのほかであるので注意が必要。(「パルメザンチーズ」はセーフ)

日本でこれと同じようなことが行われたら[編集]

農林水産省が潤うだけである。実際は日本にも様々な特色のある食品があるので保護するべきなのであろうが、九州の土産物を東京で作っていたりする現状ではうまく機能しないのは明白なので考えるだけ無駄というものであろう。そうでなくてもブロイラーを地鶏と言ったり、カモや豚で牛挽肉を作ったりするようなのがいるのだから。

ただし、奇跡が起きてうまく機能すればEUと同程度の権威として働く可能性はある。

韓国でこれと同じようなことが行われたら[編集]

元祖本家争いが拡大するだけだろう。見ている分には多分ものすごく面白いと思われるが、ありえない方向から火の粉が飛んでくる可能性もあるので注意すべきかもしれない。

共産中国でこれと同じようなことが行われたら[編集]

寝言は寝てから言うものだ。

中華民国でこれと同じようなことが行われたら[編集]

馬鹿正直な人が多いのでうまく機能する可能性はある。本土にあればねぇ・・・。

ソビエトロシアでこれと同じようなことが行われたら[編集]

ソビエトロシアでは、名称が原産地と製法を保護する。ただし、ウォトカに限り。

この項目「原産地名称保護制度」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)