保険

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「保険」の項目を執筆しています。

保険とは、加入者の生命健康財産その他の重要なものを賭けて行うギャンブルである。

概要[編集]

他のギャンブルと同様、加入者はある結果が偶然に生じるかどうかを予想し、保険料という名目の金銭を支払って保険に加わる。加入者の予想した結果が生じれば、胴元である保険会社から大金が支払われるという仕組みである。保険料は分割払いで良いとされている場合も多いことから安易にのめり込みやすく、相当な長期間にわたって莫大な保険金を払い続ける加入者が後を絶たない。

ギャンブルであるにもかかわらず禁止されることもなく正々堂々と行われており、保険の勧誘は保険会社の従業員のみならず、家族や友人など周囲の者から行われることもある。それどころか、自動車賠償責任保険のように、加入することをが強制しているものすら存在する。

特徴[編集]

必死で生きようとする加入者と、それを眺める保険会社

保険が他のギャンブルと異なるのは、必ず自分に不利な結果が生じる方に賭けるように強制されている点である。例えば生命保険なら、加入者は自分が一定の期間内に死ぬという方に賭けなければならず、期間を超えて生き続ける方に賭けることはできない。

加入者は、金を損するか、それとも死んだり怪我や病気になったりするかという二択を迫られるが、どちらに転んでもいいことなどありはしない。まれにわざと怪我をするなどして保険金をせしめようとする加入者もないではないが、その場合には保険会社は「偶然性の要件を欠く」として支払いを拒否してしまう。

結局、加入者がギャンブルに勝とうと思ったらどこかからトラックでも突っ込んでくるのを待つよりほかないが、なかなかそんな都合のいいことは起こらないうえ、打ち所が悪ければ死んでしまうこともありうる。

そのため多くの場合には、被保険者はちょっと死にさえすればすぐに大金が手に入るにもかかわらず必死で生きのびようと努める。その結果、保険会社はその様子を眺めているだけで毎月保険料が入るという仕組みになっている。

保険会社[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「保険金不払い事件」の項目を執筆しています。

以上に述べたように、保険会社はギャンブルの胴元であるだけでなく、加入者がなんとか無事で生きていこうと必死になっているさまを眺めながら保険料をせしめている、まさに悪の権化である。

しかも、ただでさえ黙っているだけで儲かる商売なのに、加入者が勝った場合でさえ金を払わないという事件さえ多発しており、たびたび行政処分を受けている。このへんについては頭の固い方を参照。

近年では「どの保険に加入すべきかプロが中立的な立場から無料で相談に応じる」などとする保険相談窓口も全国各地に開設されている。しかし、もちろん善意で相談に応じてくれるわけはなく、あくまでも商売で行われていることである。相談窓口業者は、紹介した保険が売れれば手数料をせしめることができることになっており、結局は保険会社と相談業者を儲けさせるだけになりがちなので、注意が必要である。

結論[編集]

保険に頼ることを考えるより、まず貯金しよう。

関連項目[編集]

Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第28回執筆コンテストに出品されました。