三浦建太郎

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「三浦建太郎」の項目を執筆しています。

三浦 建太郎みうら けんたろう1966年7月11日 - )は、千葉出身の、病弱な、とても病弱な、漫画家である。現在、青年誌ヤングアニマルにてガチムチファンタジー漫画ベルセルクを連載中。

人物[編集]

とにかく病弱で、そのくせ冨樫のように手を抜くという事を知らないために体調不良によって原稿を落としまくる。左腕は長年の酷使により壊死してしまい、現在は鋼鉄製の義手を移植されている。最近のベルセルクは兵士が大量に登場するので比例して描き込みも多くなりそれによって原稿を落とし、休載を取り戻す為に病体に鞭打ち仕事に取り組む為に更に病弱さが加速しそして休載というデフレスパイラル状態である。マンガが書けないくらいに衰弱していてもニコニコ動画を見たりアイマスにハマッたりするので体が休まる暇がない。森先生、何とかしてくれ。

でも本人はガッツみたいな体格にあこがれているので、人前に出るときは肉襦袢を着ていくのである。

アシスタント[編集]

アシになった者には烙印が刻まれ、四六時中三浦のその凄絶な描き込みに付き合わなければならない。更に、たとえアシを卒業しても三浦が死にそうになる度に呼び出されアシとして働かなければならなくなる。それが、キャリアを積む為とはいえ三浦に関わってしまった者の宿命である。技来静也が分かりやすい例。

関連項目[編集]

この項目「三浦建太郎」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)