ミックスジュース

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、飲料について記述しているばい! 声優につ・い・て・は「みっくすJUICE」をCHECK IT OUT!! はい!!!

ミックスジュースとはレストランのドリンクバーサービスを使ってできる芸術である。有志によりコーラやメロンソーダを混ぜたりと、様々な試みがなされている。また、そのレシピもインターネットで一部公開されている。

概要[編集]

レストランのドリンクバーはセルフサービスのところも多く、各個人がコップに自分の好きな飲み物を入れることができる。例えばコカ・コーラを飲みたい人は自分のコップにコカ・コーラを入れる。しかし、システム上はコカ・コーラとコーヒーを混ぜるといった二種類以上の飲み物を同じコップに入れることが可能であり、これを利用して芸術品を作ろうとする試みが各地でみられる。芸術品とは言うがポケットモンスターにおけるポフィンのように多くの種類を混ぜるほど高ランクのものができるわけではなく、多くの場合は逆に見た目も味も悪くなり、とてもインスタ映えするようなものではない。中には美味しさを追求する人がいるが、製造側は混ぜることを想定していないのでおいしい組み合わせを研究しても徒労だろう。センスさえよければ、たまに美味しいものが出来る。また、自分でジュースを買って混ぜてもいいが、味が基本的においしいとは言い難いのでチャレンジャーや、Mな人以外がやってもちっとも面白くならない。

※ミックスジュースの作成で店員から白い目で見られたとしてもアンサイクロペディアは一切の責任を負いません

製造場所・状況[編集]

ミックスジュースがレストランで作られるのは勿論だが、製造のシチュエーションとしては学生の打ち上げといった団体客がレストランに行ったときによくある。何かの罰ゲームとして飲まされたり、「おかわりもってきてあげるよ」などと言い飲み物にいたずらされたり、回し飲みをするケースが多い。味は基本的に超不味いので多くの人は飲み干すことができない。というか不味ければ不味いほどそれが望ましい。したがって、青汁の代替品として定着している。しかし、一部にはまずい味に対する耐性が高い人がいて、そういった人々にはこういったいたずらは一切無効であることに留意したい。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

レシピ[編集]

混ぜるものは自由。場合によっては粉末状のチーズやブラックペッパーをコップに入れて混ぜることや、タバスコといった液体の調味料も許可されている。一応ゼリーや油を混ぜることも許可されているが、うまく混ざらなくても自己責任でお願いします。とりあえず言っておくが、普通の飲み物をただDHMOで薄めただけのものやカルピスソーダのような製造側が想定済みのものはミックスジュースではないため、ミックスジュースを名乗ることはできない。一方で、ポロニウムを盛ったり青酸カリを盛るような毒物を混ぜることはミックスジュースの本来の趣旨に明らかに反しているので許されない。ただし、化学反応の発生に関してはアンサイクロペディアおよび店側は一切責任を負わないので酸性と塩基性の飲み物を混ぜたり、アルコールと混ぜることはあくまでも自己責任でお願いします。

関連項目[編集]

Bouncypotato.gif
この記事「ミックスジュース」は何故か「下水道ごっこ」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
Bouncypotato.gif
この記事「ミックスジュース」は何故か「エクストリーム・ドリンク」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
Bouncypotato.gif
この記事「ミックスジュース」は何故か「エクストリーム・ドリンクバー」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

外部リンク[編集]

海原雄山.jpg 女将を呼べッ!なんだこのミックスジュースは!!
よくもわたしの前にこんなシロモノを出したな!
今すぐ作り直せ!!ジュンサイの旬は初夏だ! (Portal:スタブ)