ポテトチップ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
曖昧さ回避
ポテトチップス」とは異なります。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「ポテトチップ」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。

ポテトチップ: potato tip)とは、規定の料金とは別に、サービスを受けたことに対してのお礼(チップ)として相手に渡すポテトチップスのことである。

概要[編集]

重ねられる形状の物は携行に便利である。

同様の習慣としてはチップがあるものの、世界中で使用できる通貨が存在しないことなどから、より普遍的な価値を持つポテトチップを渡す習慣が定着した。

ポテトチップの原料であるジャガイモ一部の文化圏においては知恵の象徴として扱われている[要出典]ので、このような地域では特に好まれる傾向がある。

ただし、ポテトチップには中毒性があるとされており、多量に渡してしまうことは逆にマナー違反として憚られるので、通常、渡す枚数は1枚か2枚程度である(複数形がチップス・単数形がチップ)。

利点[編集]

チップは会社側に支払う規定料金とは異なり、サービス業に勤める従業員への対価であるので、会社側に搾取されないことが重要であり、価値が落ちるのが遅い貨幣などは次第に好まれなくなった。

そこで、受け取った直後は価値が高いものの、保存性に欠ける食品として認知されている「ポテトチップ」がチップとして選ばれるようになった。

また、ポテトチップは様々な味があり、受け取る者を飽きさせないことに役立っている。

なお、枕元にもポテトチップが置かれてがシーツに付着することもあるものの、これは「使用済みである」ことを示しやすくなる点でも好まれている。

欠点[編集]

ポテトチップには上記に挙げた中毒性以外にも欠点があり、代表的なものとして「湿気に弱い」ことがあげられる。

日本においてポテトチップが普及しない最大の要因ともいえるのがこの湿気問題である。

また、船旅におけるチップで、特に船長に対する報酬としてポテトチップを渡すことが失礼に当たるのは、海風で湿気りやすいことに加え、湿気が海の「しけ」を連想されてしまうことからでもある。

各国での状況[編集]

アメリカ[編集]

アメリカはポテトチップスの発祥の国であると同時に、ポテトチップの発祥とされる国でもある。

元々チップの文化が定着していたことや、高カロリー食品への抵抗が少ないことから、ポテトチップは硬貨でのチップよりも普及率が高い。

一方、アメリカにおいてはポテトチップをチップスの袋ごと置いても構わないとされる。その場合、脇にコーラを置いておくことがより望ましい[独自研究?]

イギリス[編集]

イギリスでのポテトチップは他の国と異なり、いわゆるフライドポテトフィッシュアンドチップスのような棒状であることが多い。

また、通常のポテトチップスのような薄い形状のポテトチップはあまりメジャーでないものの、代わりにイギリスでは冷凍食品が広く普及しており、冷凍の棒状ポテトチップが渡されることが多い。

なお、妖精信仰が一般的なイギリスでは、チップは「妖精の取り分」であるとされる一方、ポテトチップは「人間の取り分」として、その両方が置かれる場合もある。

日本[編集]

日本ではポテトチップはあまり普及していない。先述の湿気の問題に加えて、元々チップの文化が無かったことも影響している。

一方で、日本ではコンソメ味をはじめとする、様々なフレーバーを生産し、輸出していることでも知られる。

しかし、日本では馴染み深いのり塩味やわさび味(いわゆるわさビーフ)・唐辛子味などは他の国ではほとんど馴染みが無く、その国の食文化によっては好まれない場合があるので、ポテトチップとして渡す際には注意を要する。

関連項目[編集]

  • ジャガイモ
  • プライドポテト - ポテトチップに誠意を込めることを目的として湖池屋が開発したポテトチップス。「芋まるごと」味などの変わった誠意の示し方でも知られる。


Imgb4da957b62oe8w.jpg ポテトチップは、まだ定食屋の付け合わせ料理です。一品料理にして下さる一流シェフを求めています。 (Portal:スタブ)