ネトウヨ連呼厨

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事は左に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。

ネトウヨ連呼厨(ねとうよれんこちゅう)とは、ネトウヨネトウヨと呼ぶ人間に対しネトウヨが付けた典型的ネトウヨ的レッテルである。

概要[編集]

ネトウヨが急増したのは2002年の事である。同年には日韓ワールドカップが開催されたが、開催国韓国の審判が余りにも韓国チーム寄りだと右翼寄りの若者達が激怒し、その中で特に世の流れに感化されやすいオタク達が、日本は中国・韓国よりすごいとホルホルすることに熱中するという自称「愛国心」に目覚め、ネトウヨと呼ばれる存在となった。これがネトウヨの起源である。 その後専門家の間でもネトウヨという単語が使われ始め、「ネトウヨ」という言葉は国内に広く広まった。「自分たちは大多数の日本国民の一般人だ」と信じているネトウヨにとって、自分たちがまるで少数意見の特殊な存在になってしまうようなことを受け入れられず、ネトウヨという言葉を使う反ネトウヨ・一般人に対し「ネトウヨ連呼厨」というレッテルを張り、自分達の心の平穏(日本は特定アジアに嫌がらせを受けているというネトウヨ被害妄想)を保とうとした。本当にネトウヨの作るレッテルは隅から隅までネトウヨ臭い。

発案者・使用者[編集]

前述の通り、発案者もネトウヨ、使用者もネトウヨである。というよりネトウヨしか使わないしネトウヨしか使おうとはしないだろう。彼らは一般人から「ネトウヨ」という言葉を投げかけられたのを感知すると頭の中のネトウヨセンサーが働き、機械的に「ネトウヨ連呼厨」と返す。彼らネトウヨが使う反ネトウヨに対するレッテルとしては他に、「ブサヨ」「在日」「パヨク」、そして「日本人じゃないだろ」という国籍「認定」のものまである。本当に、ネトウヨの下らないレッテルにはウンザリするばかりだが、ネトウヨは厚顔無恥にも「ネトウヨ連呼厨はレッテルばかり張るな」と言い出す始末である。

ではネトウヨはレッテル張りではないのか[編集]

ネトウヨはレッテル張りなどではなく、あくまで事実であると考えてよいだろう。ネトウヨという言葉自体ネトウヨでは無い相手には投げかけられる事は無いのだから、この言葉を使われた人間は間違いなくネトウヨである。ネトウヨネトウヨの定義を言えと迫られたら「ネットウヨク的な事を言っているから」と返してあげよう。ネトウヨ連呼厨とレッテルを貼られたら「黙れネトウヨ」と言ってあげよう。それを何回も繰り返していればネトウヨは自分がネトウヨだという事に気付く事が出来る…筈である。恐らく30%程度の確率で。ただ、残り70%のネトウヨネトウヨと呼ばれても自身がネトウヨである事を理解できず、ますますネトウヨの沼に嵌る事になる。ついにネトウヨの沼に嵌りすぎると、野党やマスコミの政権批判を「愛国心がない」と徹底的に批判し、一方で政権ヨイショを絶賛し、「わが国を独裁国家という奴は許さない!!」といって批判的な芸能人を攻撃するまでに至る。民主主義の価値観を理解しておらず、そうなったネトウヨは、もうどうしようもない。

まとめ[編集]

この記事を見て如何にネトウヨが醜悪で救いようがないかが分かっただろう。

関連項目[編集]