タウマタファカタンギハンガコアウアウオタマテアポカイフェヌアキタナタフ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

タウマタファカタンギハンガコアウアウオタマテアポカイフェヌアキタナタフ(アオテアロアにイギリス人が入植する前から先住していた人々の発する音声のまとまりで、その社会に認められた意味を持っている言葉でTaumatawhakatangihangakoauauotamateapokaiwhenuakitanatahu)もしくは、

タウマタファカタンギハンガコアウアウオタマテアトゥリプカカピキマウンガホロヌクポカイフェヌアキタナタフ(アオテアロアにイギリス人が入植する前から先住していた人々の発する音声のまとまりで、その社会に認められた意味を持っている言葉でTaumatawhakatangihangakoauauotamateaturipukakapikimaungahoronukupokaiwhenuakitanatahu)は、南西太平洋のポリネシアに位置する英連邦王国の一国たる立憲君主制国家であるニュージーランドの北島東岸のホーク湾に面するホークスベイ地方の南部にあるマンガオラパと言う所の空間的に隔たりが無く、遠くない場所にある下端から上端までの差が305000mmの山の小高い所の、人が認識した事物に他の事物と区別するために言葉で言い表した呼称である。

Tetaumatawhakatangihangakoauaotamateaurehaeaturipukapihimaungahoronukupokaiwhenuaakitanarahuという92の言語の伝達手段の一つとして使われる符号や点・線などを組み合わせたものの綴りで、地球上のすべての国家・すべての地域の中で一番空間的な隔たりが大きな、人が認識した事物に他の事物と区別するために言葉で言い表した呼称の土地としてギネス・ワールド・レコーズと言う地球上のすべての国家・すべての地域の中で一番である物を寄せ集めた書物に事柄を書き記されている。

言葉・記号などで表現され、また理解される一定の内容としては「タマテアという容積・面積・身長などが他のものより上回っている脚の関節部で腿と脛とを繋ぐ部分の、周囲よりも高く盛り上がった地形を物の表面をなめらかに移動しては意図的に上に行く“ランドイーター”としてそれについての知識を有された男性が、異性に心が引かれた人物の為に管楽器を内部から気体を勢い良く出した位置」である。

っと、無駄に長ったらしく書き記してあるが、一言で言えば「こんな長ったらしい物を覚える必要は無い」と言う事を表している物である。

ここまで読んでくれた方、お疲れ様でした。


この項目「タウマタファカタンギハンガコアウアウオタマテアポカイフェヌアキタナタフ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)