タイガー計算機

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「タイガー計算機」の項目を執筆しています。
インドで運用されるタイガー計算機。水冷。

タイガー計算機( - けいさんき)とは、機械式計算機の一種である。生物の力によって動くため電力の供給を不要とするのが特徴である。

概要[編集]

タイガー計算機は、手回し計算機に分類される虎ディショナルな[1]機械式計算機である。比較的大型であり、長時間多量の計算業務に耐えうる特徴があり、多くの業種で愛用された。

動力源として電気を使用しないため、災害時のバックアップ用、また安定した電力供給が得られない国や地域での業務用計算機として現在でも重用されている。

内部構造[編集]

トラ3匹を水車状の筐体内で虎イアングル状に配置し、ハムスターのごとく回転させることで、スーパーコンピュータ並みの高速な計算を可能とした。その原理は、トラの回転力を動力として利用する他、各々のトラの走った歩数や縞模様の動きなどを機械的に拾い出して計算する。

ただし初期型のタイガー計算機は、高速で作動させると発熱が著しく、トラが溶けてバターになってしまうことがあり、耐久性が問題視された。その後、熱対策が進んだことで、このような虎ブルは極めてまれになったことはいうまでもない[2]

現在では研究が進み、筺体を大きくすることでトラの数を増やして性能を上げる手法や、子供のトラを使っての小型化などに各社が虎イしている。

なお、同様の技術を使っているものに、タイガー魔法瓶タイガーウッズなどがある。

主な導入企業[編集]

阪神タイガースは、永年の間、勝利の方程式を計算するためにタイガー計算機を使用していた[3]。しかし85年ごろに前述のトラがバターになる事故が発生、代わりにトラッキーを入れて使用した。

その後トラッキーの中の人が、あまりの過酷な労働に耐えかねて横浜に逃亡[4]するまで、阪神は優勝から遠ざかっていた。一部のファンは、これをトラッキーの呪いと呼んでいる。

また、その後計算機自体は改良されたが、中に入る人が今ひとつ根性が無いことがあり、計算結果に色々狂いが出て問題となっている。

出典[編集]

  1. ^ 伝統的な。
  2. ^ トラ技ぴゅう太別冊「トラをコンピュータにぶちこむことについて」(民明書房サイエンス)
  3. ^ 月刊Allyourbase2003年増刊号「タイガース勝利の方程式」(民明書房
  4. ^ 当時の中の人は現在、ブラックホッシーとして活躍中(事情通)

関連用語[編集]

この項目「タイガー計算機」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)