シベリア超特急

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情2頭の牛が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「さらばシベリア鉄道」の項目を執筆しています。

シベリア超特急 (- ちょうとっきゅう) とは、モスクワからシベリアを通ってパラレルワールドである練馬に直行する特急列車。存在が疑われることもあるが、最近は乗客が多いらしい。

概要[編集]

  • 線路の向こうには、雪に閉じ込められたトナカイが364日間休んでて年に1回だけ働くらしいよ!
  • キノコの本体は菌糸だから地上からは見えないんだよ!
  • 列車がしょっちゅう遅れるのに慣れっこな沿線住民が、いついついつまでも列車を待ってるらしいよ!
  • 車内にテレビがあるおかげで、乗客が愛をマジメに語ったりする機会が少ないらしいよ!
  • ふられて練馬まで追っかけてく男が乗ってるらしいよ!
  • アンドロメダにはたぶん行かないんだよ!

運用[編集]

元々は緑のオンボロ歴史ある客車で構成された客車列車であったが、1980年ごろからソビエト経済の崩壊と共に合理化が進み、短編成化や気動車化がなされるようになった。

現在は大部分の区間でプッシュプル構成の列車として運行されている。

練馬付近では西武鉄道5000系・10000系電車で運行されているが、途中経路は粛清されました。稚内駅には、モスクワ方面の駅名が掲示されており、おそらくシベリア超特急の停車駅となっていると考えられる。

編成[編集]

カステラとカステラで羊羹をはさむプッシュプル構成であり、大正ロマンあふれる列車として今でも熱狂的なファンが多いようである。

関連項目[編集]