ギフハブ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「ギフハブ」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
「そのような事実はない。誠に遺憾である」
ギフハブ について、GitHub

ギフハブとはミュージシャンのASKAによって存在を明らかにされた集団ストーカー組織である。

発覚の経緯[編集]

2016年、かつて2年前に覚せい剤取締法違反等の容疑で逮捕されたASKAが、再び同じ容疑で逮捕状を出されることとなった。読売テレビの全国ネット番組「情報ライブ ミヤネ屋」はこの話題を取り上げ、司会の宮根誠司が電話でASKAから話を聞くことになった。するとASKA容疑者は「アカウントを二回乗っ取られ(何のアカウントかは明言されていない)、犯人も特定できているので警察のサイバー課に対応を依頼したが、2年前の麻薬の件を対応した刑事が来て、自分は被害者であるにもかかわらず尿検査を求められた」と事の経緯を説明した。

しかし、その「サイバー課に対応を依頼した」経緯について語り始めると番組には不穏な雰囲気が漂い始めた。話によると、ASKA容疑者は「ギフハブ」という組織の追跡被害に遭っているというのである。ギフハブはAR(拡張現実)技術を用いた「アプリ」をASKA容疑者の携帯端末内に「埋め込み」、端末から200メートル四方までをズーム機能によって監視・追跡しているという。これは、今までのマスコミの間では情報の工作によって絶対に取り上げられることのなかった集団ストーカーによるテクノロジー犯罪というもので、かねてよりもこれに関する多くの書籍が主に文芸社から出版され、その潜在的な危険性が語られてきた。その存在を初めてマスコミで明るみに出した人物がまさかASKAであったとは、今までのあらゆるテクノロジー犯罪被害者ですら予想もつかなかったことであろう。

とはいえ、ギフハブという組織は一体どのような目的があってそのようなことをしたのだろうか。番組ではそのことを宮根が質問したが、なぜかASKA容疑者は「それは今度個人的にお会いした時に話しましょうよ」と言って回答しなかった。そして、そこに付け加えて、「今、日本では想像のつかないテクノロジーが発達しており、かなりの人がこういった被害に遭っている。それに気付いたのは自分が初めてではないか」と主張した。

正体[編集]

ギフハブとは一体何なのか。その正体に関しては諸説が挙げられている。

GitHub
ギフハブはソフトウェア開発の共有サイトであるGitHub(設計図共有サイト)と名前がよく似ており、ASKA容疑者はGitHubを「GifHub」と読み間違えて「ギフハブ」と宮根に伝えた可能性がある。Google 日本語入力でも既に「GitHub」と入力すると「ギフハブ」に変換されるようになったと専らの噂である。即ち、ASKA容疑者を追跡していたアプリはGitHubで開発された可能性があるか、もしくは彼の言うことをそのまま当てはめれば、GitHub自体が集団ストーカー組織であった可能性が微粒子レベルで存在する…?
「ギブ・ハーブ」説
本来、こうした集団ストーカー組織は特定の知識人しか追跡しないとされていた。しかし、世にはこうした知識人になるための特殊な「ハーブ」が出回っており、ASKA容疑者はそういったハーブをギブ(give)されてしまったがために、このような追跡被害に遭うようになったのではないかと考えられている。
ゴリホーモ
ゴリホーモとは著述家の安達真によって存在を明らかにされた、恒心教を母体とする集団ストーカー組織で、ギフハブ同様に「シコシコみるみる」なる謎のテクノロジーで知識人たちを追跡・監視しているとされる。ゴリホーモもよく考えると「ゴリホーモ→ゴリホモ→ギフハブ」といった具合で、その名前はギフハブによく似ている。加えてその存在は複数の人物が主張しており、ASKAが目にした集団ストーカ組織も実はゴリホーモであった可能性が高い。

関連項目[編集]

Hito.png この項目「ギフハブ」は、手抜き状態のため発狂寸前です。正気に戻すかもっと発狂させてください。 (Portal:スタブ)