アラストール

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アラストール(あらすとーる、本名:新巣徹)とは灼眼のシャナで使用されるモンスターボールの一種である。

概要[編集]

アラストールさん(年齢不詳)

一見するとペンダントのように見えるが、実は意識あるモンスターボールである。しかし、シャナがモンスターボールに入るのを拒んだため、ペンダント同様の扱いになり、シャナの首にぶら下がっている。

一部では目玉おやじと同類の妖怪ポケモンの亜種ではないかと推測されているが、本人はそれを否定している。

名の由来[編集]

名前の正しい発音は、紅世の世界の言語を無理矢理日本語にしたため非常に困難であるが、何故か坂井千草のみ正しく発音することができる。

そのため坂井千草は紅世と何らかの関係があるのではないかと推測されている。

経歴[編集]

元々は紅世の王だったが、愛人だった先代の炎髪灼眼の討ち手の死後、追って自殺するも意識だけが紅世から現世に飛んでしまい、シルフカンパニーで新しく開発中だったペンダント型モンスターボールに憑依。

その後憑依したモンスターボールはポケモントレーナーである坂井悠二の手に渡り、ポケモンであるシャナをゲットしようとしたがそれを拒否。ペンダント型をしているので代わりにシャナの首にかけてあげたらシャナが非常に喜んだので、坂井悠二はそのままシャナをゲットした。

それ以来、アラストールはシャナの父親代わりという、紅世に比べるとかなり微妙な立ち位置になってしまったが、シャナが昔惚れた女に似ているため、彼も喜んでいる様子。

いつかシャナと一生一緒にいてくれやと言う誓いを交わし、一線を越えたいと思っているが、本人が既に死んでおり、戻るべき身体が無いため、叶わぬ恋になるのは必然である。

またアラストールはロリコンではないので、シャナが早く進化しないかと内心思っている。

関連項目[編集]


ツンデレ ……見ての通り、この記事「 アラストール 」は書きかけなわけだけど…、はぁ!?何言ってんの?勘違いしてるんじゃないわよ! べっ、別に加筆して欲しいわけじゃ無いんだから!まぁ、アンタがどうしても加筆したいって言うのなら、加筆させてあげてもいいんだけど…… (Portal:スタブ)