ひざカックン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ひざカックンとは主に犯罪の一つであり、数ある殺人や放火等の凶悪犯罪に肩をも並ばせる犯罪である。他の言い方で「ヒザカックン」「HIZA-Kakkun」とも呼ばれる事が多い。略称は「HK」。

歴史[編集]

ひざカックンの生まれは、中国雲南省である。修行僧が己を鍛えるために行っていた(おこなっていた)と言われているが、詳細は不明。日本には明治34年に遊びの一貫として取り入れたが、それを元に遊びの度が超えてしまい殺害にまで至ってしまうこともしばしばあった。これを踏まえ、政府は行政機関に法律の創立を提案。提案されてからおよそ22年後の秋に、重度の犯罪として取り決められた。今、現在小学生などが、遊びでやるところを発見された場合、先生が厳重な注意を与えることにしている。その後親に連絡され、書類を書かされることになっている。小学生では犯罪にはならず、それは成長発展の未熟な精神であるためが関係している。高校生16歳)は大人同様、警察署に、収容されることになっており、死刑になる。

方法[編集]

相手の後ろに立ち、ひざをカクンと曲げる。すると、相手のひざ裏に衝撃が加えられ、相手もひざがカクンとなる。心臓病患者は稀に心臓停止となる。冒険者は前述の呟きの通り衛兵になってしまう。主に体育間など、外での被害が目立つ。年間ひざカックン死亡率は、死亡率全体の半分を超えており、深刻な問題になっている。

関連項目[編集]