金魚注意報

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「金魚注意報」の項目を執筆しています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「金魚注意報」の記事を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「金魚注意報」の項目を執筆してくれています。

金魚注意報(きんぎょちゅういほう)とは、1980年代終盤から90年代初頭にかけて気象庁より発表された、特殊な気象予報案件の一つ。

概要[編集]

当時のわぴこ女氏。

当初この注意報が流れたのは静岡県浜松市近郊で、区域内にある田舎ノ中学校を中心として金魚等の小型生物が大量に落下する事案が数ヶ月に渡り起こり続けたのが切っ掛けである。田舎ノ中学校では簡易捕獲ネットを使用する等して可能な限り保護を行った[1]ものの、落下規模が拡大すると地域全体の問題になるとして、当時一般生徒らのリーダーだったわぴこ女氏[2]を旗印とした田舎ノ中学校生徒総会が気象庁へと働きかけ特別気象注意報への指定を受けた。

落下した生物は名称通り金魚類[3]が多かったが、中にはが降ったという報告もある[要出典]。またプールにサメがいた痕跡もあるが、これが落下してきたものかは不明。尚発表されるのは決まって土曜日であったと記録されている。その後報告件数の現象を受け、1993年度を最後にこの注意報は発表されていない。しかし語感の良さなどもあって、今なお特殊気象案件として知るものは多い[要出典]

考察[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ファフロツキーズ」の項目を執筆しています。

この現象は所謂ファフロツキーズの類型であると思われるが、そもそもファフロツキーズ自体が「仮説段階」であり根本的な解決には至っていない。また当時の浜松市で金魚が竜巻に巻き込まれるなどの報告は出ておらず、落下生物の出所も判明していない。

ただし当時の浜松市近郊の気象条件がファフロツキーズを起こしやすい状態であったのは確かであり、気象学的根拠を持つ公式の気象予報案件なのは疑う余地が無い。渦中となった田舎ノ中学校周辺では、当時生徒会長だった藤ノ宮 千歳と副会長北田 秀一を中心とする生徒会有志により調査が行われたが、今もって原因は不明である。

脚注[編集]

  1. ^ これにより田舎ノ中学校は動物愛護団体から表彰を受けている。
  2. ^ 本名は資料欠落により不明。
  3. ^ 保護された中には時価数億円という高級種も存在し、学校で飼われていた。

関連項目[編集]


この項目「きんぎょ注意報!」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)