YUI

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「YUI (歌手)」の項目を執筆しています。
「ちかっぱ応援します!」
YUI について、ファン一同
「天上天下 YUIが独尊。」
YUI について、ガウタマ・シッダールタ

YUI(1987年3月26日 - )は、日本福岡県古賀市出身アイドル歌手である。

概要[編集]

  • 2005年ごろから、歌で英語を知ってもらおうという新しい試みのために、歌手になった。歌詞のところどころに英語を混ぜた結果、電子辞書の売り上げが一気に上がり、英語使用者が急増加した。ルー大柴の再ブレイクのきっかけも彼女の歌である。曲名はほぼ全て英語である。いや、ほぼじゃなくて全部である。
  • 曲の多くがなんとなくAvril LvigneやMichelle Branch等に似ているが、これはパクリではなくインスパイアである。
  • 155cmであることを自ら発表している。hydeのほっとした顔が目に浮かぶ。
  • 因みにYUIの身長は0.993589744hydeである。
  • 2015年3月末に一般男性と結婚。お祝いのメッセージを送ると共に何故か男性あでゅらーが謎の爆死

来歴[編集]

散歩に携帯を持ってくようにとスタッフにいわれた
  • 2005年 - YUI、「feel my soul」で歌手デビュー。
  • 2006年 - YUI、1stアルバム発売。同年、映画「タイヨウのうた」で女優デビュー。同年、俺、YUIのファンになる。
  • 2007年 - YUI、成人になる。3月辺りからアイドル路線でも売り出してみると、YUIヲタと呼ばれる強力なファンを味方にした。同年、2ndアルバム発売。
    • なお、下の「音魂」の画像のケータイは、YUIのものでなく、番組で使われているもの。
  • 2009年 活動を再開する。
  • 2010年 -YUI、アルバム『HOLIDAYS IN THE SUN』では普段見せない笑顔のジャケットでヲタが萌えた。

活動[編集]

シングル[編集]

  1. feel my soul(2005年2月23日)
  2. Tomorrow's way(2005年6月22日)
  3. LIFE(2005年11月9日)
  4. TOKYO_(YUI)(2006年1月18日)
  5. Good-bye days(2006年6月14日)
  6. I remember you(2006年9月20日)
  7. Rolling star(2007年1月17日)
  8. CHE.R.RY(2007年3月7日) ここでアイドル路線に変更する
  9. My Generation/Understand(2007年6月13日)
  10. LOVE & TRUTH(2007年9月26日)
  11. Namidairo(2008年2月27日)
  12. SUMMER SONG(2008年7月2日)
  13. again (2009年6月13日)
  14. It's all too much/Never say die(2009年10月7日)
  15. GLORIA(2010年1月20日) イントロに喘ぎ声をマッシュアップした意欲作
  16. to Mother(2010年6月2日)
  17. Rain(2010年11月24日)
  18. It's My Life/Your Heaven(2011年1月26日)

アルバム[編集]

  1. FROM ME TO YOU(2006年2月22日)
  2. CAN'T BUY MY LOVE(2007年4月4日)
  3. I LOVED YESTERDAY(2008年4月9日)
  4. MY SHORT STORIES(2008年11月12日)
  5. HOLIDAYS IN THE SUN(2010年7月14日) 顔ファン狙い撃ちの超笑顔ジャケット
  6. HOW CRAZY YOUR LOVE(2011年11月2日)
  7. GREEN GARDEN POP(2012年12月5日)
  8. ORANGE GARDEN POP(2012年12月5日)
  9. (2014年11月26日)
  10. (2015年2月18日)

映画[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


このアイテムYUI」は、ライターがクラックをディサイドしていたポシビリティもありますが、ナウはまだクソマウンテンです。よりプレッシャーにして下さるコゥオペレーターアスクしています。さぁ、これをルックしているユーも、シャイがらずにライトしてみよう! (Portal:スタブ)