YMCK

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

YMCK(わいえむしーけー)は、コンピュータの安全上脅威となる(かもしれない)ウィルスの一種である。2009年現在、感染被害は日本を中心としているが、スウェーデンタイ台湾等にも被害が拡大している。

YMCKの種類[編集]

YMCKは以下の3種類存在する。

Yokemura[編集]

青いやつ。このウィルスに感染すると、コンピュータから流れる音楽・効果音の全てがファミコンのそれになってしまう。

Nakamura[編集]

緑のやつ。このウィルスはディスプレイ上にドット絵を表示し、使用者のネットサーフィンを妨害する。

Midori[編集]

赤いやつ。このウィルスは単独では画面を緑一色に染めるだけだが、既にYokemura, Nakamuraウィルスが感染していた場合、コンピュータ上に延々とドット絵動画を流し続けることになるので注意が必要である。

YMCKの亜種[編集]

また、亜種として以下のものがある。

DE DE MOUSE[編集]

黄色のメガネをかけたやつ。このウィルスは単独行動時に謎の奇声を発することで知られているが、YMCKと一緒にいる時は大人しい。

Takahashi Meijin[編集]

YMCK ver.2にのみ存在したウィルス。パソコンにゲームパッドが接続されていると、勝手に十六連射を始める。

歴史[編集]

YMCKウィルスの起源は2003年に日本の一部で出回ったCD-Rだと言われている。早くも2004年にはスウェーデンで出現し、その後台湾、タイ、アメリカに被害が拡大していった。2008年にはさらにメジャー化し、CDだけでなくダウンロードにより感染を広げた。近年では、携帯機器が進化したため、携帯電話やNintendo DSへの被害も見られる。

進化の過程[編集]

現在出回っているものは4世代目にあたる。

  • 2003 ver.0
  • 2004 ver.1 (FM)
  • 2005 ver.2 (FR)
  • 2008 ver.3 (FG)
  • 2008 ver.3.1 (SB)
  • 2008 ver.3.2 (DT)
  • 2009 ver.4 (FC)

主な感染例[編集]

アラド戦記(アニメ)
エンディングが完全に乗っ取られたが、本編があまりにアレだったので「EDこそ本編」とか言われてスタッフ涙目。
いきものがかり
PVにウィルスが混入し、映像の一部に変更が加えられた。
エイベックス
2008年から度々サーバーが攻撃され、CDやPVに侵入されているがほったらかしのまま。
塊魂トリビュート
BGMが一部YMCKウィルスに侵されている。
Nintendo DSipicoPict
Wi-Fiによる感染が広がっており、中毒者も多い。
浜崎あゆみ
曲の一部が乗っ取られ、伴奏が8ビットになったらしいが正直どうでもいい。
ロックマン
こちらの動画(要ニコニコ動画アカウント)を参照のこと。

関連項目[編集]

この項目「YMCK」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)