xxxx年

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
xxxx年産のビンテージビール

xxxx年 (- ねん) は、世界過去であり、現在であり、未来である。

非現実的な設定を含むと作者が考えたらしい虚構作品の舞台は、必ずと言っていいほどこの年となっている。 使用頻度は高いが、その意味は今でもよく分かっていない。

似たような表現に、「○○○○年」などがある(後述)。

解釈[編集]

「xxxx年」には

  • 四つの文字xが含まれており、
  • このxは変数であって、
  • 西暦で年を表している、

というのが前提として認識されているが、これらを踏まえた上での解釈には、大きく分けて二つの説がある。

並列表記説[編集]

四つのxは、数学的に表記されているわけではなく、ただ同じ数字が並べて書かれているものであるとする説。 例えばx=2ならば、「xxxx年」は2222年であると解釈する。

ここで、xの変域が指定されていない点に注目するべきである。 当然、「xxxx年」が四桁の数字ではない可能性が出てくる。 仮にx=100だった場合、この説を採ると100,100,100,100年(一千一億十万百年)となる。これは太陽の寿命(白色矮星となるまで100億年程度と言われている)を優に超えており、虚構世界のストーリーに影響を来すおそれもある。

この問題を解消するため、xは一桁の自然数であると仮定する見方が一般的で、それが通説となっている。

数学的表記説[編集]

また、xxxxx \times x \times x \times xを表しているのではないかとする説もあるが、冪乗の形(x^4)で表記しない理由が不明であることなどが不安材料となっており、通説(並列表記説)を覆すまでには至っていない。

この説を採る場合、変数xの値を変えていくことで、全ての実数が表せるという点に留意すべきであるが、こちらの説にも、x \times x \times x \times xは原則として四桁の西暦を表す、とする意見がある。

類似表現[編集]

  • ○○○○年
xの代わりに○が使われているだけのように見えるが、その効果や目的、理由は謎である。
  • 200x年
一般的な並列表記説では、2000年〜2009年のいずれかを表すとされる。
数学的表記説によれば、xの200倍(年)である。そう聞くと200の倍数の年しか表現できないように思うかもしれないが、xは別に小数でもかまわないので、結局のところどうにでもなってしまう。
特命リサーチもこの年の間に行われているものと考えられている。しかし200x年の時系列上に特命リサーチが行われた記録は存在せず、特命リサーチがいつ行われたかは永遠の謎となっている。
  • Xxxx年 - 主に技術的制限による表記だと思われるが、大文字のXは別の変数であると考えられる。


歴史の渦に巻き込まれる! この項目「Xxxx年」は、歴史に関連した書きかけ項目から歴史に残る記事進化しなければならない。
歴史は今作られている!君の名をこの記事(の履歴)に刻むのだ。 (Portal:スタブ)