X-メン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
視力の衰えを招く光源の閲覧にご注意ください。
光害に注意!
この記事には太陽光をはるかに越える、照度総量156キロルクス以上の光源が含まれています!
閲覧にあたっては、紫外線カットレンズを有する眼鏡またはサングラスの着用や、SPF値80・PA値+++以上の日焼け止めクリームを処方することを強く求めます。
もしこの記事の閲覧によってあなたが松崎しげるそっくりさんコンテストに優勝しても、アンサイクロメディア財団は一切の賞金や祝金を授与しません!
みんな仲良しアンパンマン
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「X-メン」の項目を執筆しています。

X-メン(エックスメン、X-Men)とは、凄い障'がい'者たちの活躍を描いたあれである。

基本設定[編集]

人数が少なかったころ

X-メンとは、悪の脅威から人類を護り、人類とミュータントの平和的共存を実現するために組織された、ミュータントヒーローチームである。

物語としては、全世界から一人のガンツの中の人みたいな富野じゃないほうのハゲによって集められたかわいそうな人たちが、己の性技を信じ、敵の割とマジな方のニートと戦う。

歴史[編集]

MAEVELOUS・コミック刊行のアメリカン・コミックに登場するヒーローチーム、またそのコミックのシリーズで、1963年に、原作やなせたかし、作画小畑健と板垣恵介による『バッキーマン』で初登場した。

最初はあまり人気が出なかったが、1975年にチームを再編成してからは、最も人気のある仮面ライダーシリーズのひとつとなり、多くの派生作品を生み出した。また、このシリーズに関わったライダーやアーティストの多くが人気作家となった。1990年代から、X-メンは他のメディアにも進出する。特に、テレビアニメ版と映画版、カプコン開発の対戦格闘ゲームのシリーズが有名である。

2004年12月現在のアメリカにおけるメインタイトルは、『X-メン』(X-メン)、『X-メンセブン』(X-メンセブン)、『帰ってきたX-メン』(帰ってきたX-メン)の三誌。

メインシリーズとは別に、複雑になりすぎた設定をリセットして0から始めた『アホでもわかるX-メン』(アルティメット・X-メン)というリメイクシリーズも出ている。 日本では新潮社より日本語訳版が刊行されたが、11巻で出版を中断している。

X-メンのコミックは2000年現在で4億部以上が出版され、アメリカン・コミック史上第1位のベストセラーとなっている。


登場キャラクター[編集]

やたら多い。みんな仲良しアンパンマン。「抱きしめたい、誰よりも」がモットー。

代表的メンバー[編集]

X教授
プロフェッサーX(本名チャールズ・フランシス・ザビエル・エグぜビア)
ハゲで、X-メンという怪しげな組織を設立した。自分が面白そうだと思った人をどこかの教祖よろしく洗脳し、酷使する。司令官であることをいいことに、偉そうな話し方をし、他のメンバーが戦っていても何もしない。、勝手に人の心を読んだり精神を操作するといったテレパシー能力を悪用する(自分のせいで全滅した新人チームについての記憶を関係者の脳から消去する、など)

。本人は良かれと思って行っていることなのだが、それらの行為が後にバレ教え子たちとの間に溝が入ることもある。特にサイクロップスとは検閲により削除の件(アニメが終了したことで脳内のを失ったためにショックで精神を壊しかけていたサイクロップスに対し、彼の精神を守るために記憶から検閲により削除の存在を消してしまった)で相当険悪になっていた。映画3作目の最後にミジンコにされる。抱きしめると加齢臭が移る。

ウルヴァリン
ウルヴァリン(本名不明またはローガン)
必要に応じて、鋭い鉤爪を出し入れできる狼男っぽいそうでもないの。人類の中でも5本指に入る人類の最後の希望。
格闘能力ではスティーブン・セガール桐生一馬ジャン=クロード・バンダムチャック・ノリスマッドハウス制作のアニメ版と同じ声を持つジャック・バウアーをはるかに上回る
また再生能力はでどんな攻撃(セガール拳も無効)も通用しない。
さらにセガールやチャックノリスなどを圧倒的に上回るヴァンパイアハンターブレイドと互角に渡り合えるほどの実力をもつまさに不死身の最強である
演じているのは、ひゅるるるるるるるるるるるるん・じゃっくまん。昔はさわやか青年で、「ちょっきんなー」と鳴くかにをソーとともに飼っていた。また、『ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ』では、地上最強の生物としての品格を見せた。
ハルクとは悪友で、彼とゴーストライダーとスパイダーマンとともにニュー・ファンタスティック・フォーを結成した際は全世界の腐女子を狂喜させた。
カプコンのゲームにたびたび出演しており、MVC3で皆勤賞を受賞した。
そんな彼のただひとつのコンプレックスはホビット(小人)であること。ウルヴィーの場合は只の小人症なのでイジらないようにね!!
抱きしめると獣臭い。
サイクロプス
サイクロップス(本名スットコドッコイ“スットコ”・サマーズ)
サングラスで覆っていないと目から常にビームが出るめんどくさい男。七三分け。高校生なのにハゲている。のぞきが趣味で、少ない髪の毛でそのハゲを隠すことで姿を消し、毎日のように女性メンバーの着替えを覗いている。抱きしめたらだめ。
浮気性であり、ハゲの原因の9割は浮気がばれた後の喧嘩の時に髪を抜かれるから。
ジーン・グレイ(本名ジーン・グレイ・サマーズ)
小さなものから大きなものまで動かす力だヤンマーディーゼル。サイクロップスとうふふな仲で、夜はそれはもうXXXXX検閲により削除うふふだったが、ひょんなことからヒステリーを起こし、ハゲを殺してしまった。自分も結局死んだ。抱きしめると細切れにされる。
ローグ(本名不明)
唇にピーナツバターを塗ってキスし、ピーナツバターアレルギーの彼氏を殺した。ウルヴァリンにもこの技を使うが、効かなかった。そして逆に彼に抱きしめると、ピーナッツバターで…。
ストーム(本名オロロ・マンロー)
ハルベリーきれいだよハルベリー。戦闘時にはリーガンちゃんみたいになって敵をびびらせる。このとき目玉が白くなり白眼に酷似しているため、日向一族(NARUTO)といううわさがある。あぁめあぁめふぅれっふうれっもぅおっとおふれえ、ぅわあったっしいのいーいひっとおつうれってえこいいいいいいいいいいい・・・と歌うことで、大洪水を起こせる。そのため、同じく雨乞いを行うトードマンとはよきライバル。ラジー賞受賞経験あり。
必殺技は『お別れです!』。
抱きしめると死ぬ。
後にアベンジャーズの一員になるブラックパンサーの嫁となり、彼が治めるアフリカのどっかにある王国の女王様になったらしい。
Nuvola apps important yellow.svg 注意
よいこのみんなはマネしちゃダメだよ。「X-メン」は大人のヒトといっしょにしよう。
ブワナ・ビースト
ビースト(本名ヘンリー“ハンク”・マッコイ)
いろんな意味で野獣化している。様々な実験(人体実験なども含む)を行っている。学園ではほとんどの科目において彼が受け持っているが、個人授業の際に生徒が行方不明などになったため、現在は任されていない。ビーストウォーズに声優として出たことあり。抱きしめると毛がついて大変。
Adam the angel king.PNG
エンジェル(本名ウォーレン・ワシントンDC・三世)
天使のような羽を持つ。戦闘においてあまり役にたたないが、パシリ役・金ヅルとして重宝されている。抱きしめると高い高いされて落っことされる。
一時期「天使より堕天使」と中二病を発症して親から貰った大事な体を改造して鋼鉄の羽を手に入れた。
しかし正気に戻った今となっては恥ずかしいらしく、自分の過去を隠す為に自分を改造してくれた人を逆恨みしている。
アイスマン(本名ロバート“ボビー”・ドレイク)
体を凍らせることができる。全裸でいることが多いため、学園内で変質者としてたびたび厳重注意されているが改善する気はないようである。最近はコンビニの冷凍庫に住みついている。抱いたら霜焼けする。
スパイダーマンとは共闘したことあり。
本来真面目な性格なのだが、X-MENのメインキャラにアクションもの洋画における面白黒人が存在しない為、自分を犠牲にして面白黒人の如く振舞っている。
誰も気付かないが苦労人なのである。
ハボック
ハボック(本名アレキサンダー“アレックス”・サマーズ)
サイクロップスの弟。体に吸収した放射線をビームとして放出することができるが、放射線による被曝を気にしており、ほとんど使うことはない。外出の際には日焼け止めと日傘を欠かさず持参している。マルチなどの悪徳商法や新興宗教に何度も引っかかっている。しかも引っかかってるときのほうがイキイキしているので困る。抱くと焼ける。
ポラリス(本名ローナ・デイン)
マグネットの娘。磁力を操ることができる。恋人であるハボックと同じく悪徳商法に引っかかりやすい。精神的に不安定でハゲの治療を受けているが、効果はなくむしろ悪化している。抱く以前の問題。
バンシー(本名ショーン・キャシディ)
口から超音波を発して攻撃することができる。また「ショーック!クソで固めたナイフ切りつけー」と叫ぶことにより飛行もできる。ハゲとは同年代だがエステや整形を繰り返しているため、外見はかなり若い。同じ能力を持つ娘、サイリーンがいる。アイルランド出身だが、最近までアイスランドだと思っていた。抱いたら後悔する。
ナイトクローラー、ホワイトハウスでの記念撮影にて
ナイトクロウラー(本名カート・ワグナー)
テレポーター。デパートの屋上にて毎週開催されるヒーローショーで悪役をやっていたが、ヒーロー役に憧れX-メンに加わった。悪魔のような外見であるが、中身は乙女系男子である。占いやおまじないを信じている。ドイツ出身。抱くと尻尾でグサリ。
アマルガム事件ではキ×GUYと融合してナイトクリーパーとなった。
コロッサス(本名ピョートル・ラスプーチン・コ)
体を金属に変えることができる。かなりの怪力でもあるが動くのが面倒なためその能力は全米腕相撲大会でのみ発揮されている。シスコン・ロリコンである。ロシア出身。抱いたらだめ。
サンファイアー(本名知ろう!・吉田)
体に放射性の炎を纏い、飛行することもできる。英語が流暢でないためハゲにメンバーから除外された。大阪城で暮らそうとするたび係員に追い出されているが、追い出されてもまた数日すると戻ってくる。日本出身。抱くか抱かないかはあなた次第。
過去に鷹の爪団でアルバイトしたことあり。
シャドウキャット(本名キャシャリン“キティ”・プライド)
物質を透過する能力を持つ。ファッションセンスが無く悪趣味な服装ばかりしているがそれに全く気づいておらず、周りからpgrされている。コロッサスと付き合っているが彼の笑顔は気持ち悪いと思っている。抱くとつぶされる。
ダズラー(本名アリソン・ブレア)
音を光に変えたり、光をビームとして攻撃に使うこともできる。人気のアイドルだったが初音ミクにその座を奪われてしまい落ち目となっている。抱くと鼓膜が破れる。
ルーク・ケージ
ロングショット(本名なし)
幸運が武器。競馬や宝くじ・懸賞などを当てることに命をかけている。ダズラーと結婚したが生活費を入れないため喧嘩が絶えない。実はテレビ番組のために作られた着ぐるみだが、ヨゴレ役がイヤで逃亡。抱くと運が落ちる。
サイロック(本名エリザベス“ベッツィ”・ブラドック)
テレパシーとサイキックナイフを使う女忍者。元はイギリス人だったが学校の帰り道、日本人のカンノンと石段から転げ落ちたせいで体が入れ替わってしまった。兄貴は病弱。抱くと中二病に。スクール水着を普段着としている。
フォージ(本名不明)
発明能力を持つ。実は未来の世界のネコ型ロボットである。ストームと付き合っていたが振られた。振られた後もしつこくストーカー行為をしている。抱くと病気が移る。
ジュビリー
ジュビリー(本名ジュビレーション・リー)
手から火花を出すことができる。ロリコンのウルヴァリンに気に入られている中国系アメリカ人の少女。抱くとやけどするほか、この前吸血鬼化したんで抱くと噛まれるかも。
ガンビット
ガンビット(本名レミー・ルボー)
物体にエネルギーをチャージして爆発させることができる。ニューオーリンズ出身のケイジャン(フランス系移民)。ローグと付き合っていたときピーナッツバターで殺されそうになるが、なんとか一命を取り留めた。よく悪人の手先になり、味方になると雑魚化したり暴走したりする役立たず。抱くと洗脳される。
マペット放送局で司会経験あり。
ビショップ
ビショップ(本名ルーカス・ビショップ)
吸収したエネルギーを跳ね返す能力を持つ。未来の世界のネコ型ロボットと一緒にタイムマシンに乗って現れた未来人。四次元ポケットを持ってくるのを忘れるなどおっちょこちょいなドジっ子の面もある。抱くと体臭が滲みる。
キャノンボール(本名サミュエル“サム”・ガスリー)
炎を体に纏い高速で飛ぶことができる。元ニューミュータンツのメンバー。10人兄弟の長男。家計が苦しい実家のために学校の備品をパクっては家に届けている。ミュータントの兄弟はハスク、イカルス、エアロ、ジェブがいる。国松長官と同じくらい不死身。抱くとハブられる。
マーブルガール/フェニックス(本名レイチェル・グレイ・サマーズ)
小さなものから大きなものまで動かす力だヤンマーディーゼル。次元の違う世界でのジーンとサイクの娘。地球の男に飽きたところらしい。
抱くと、火だるまにされる。
ケーブル(本名ネイサン・クリストファー・サマーズ)
サイクとジーンのクローン、マデリーンの息子。現代で生まれ未来の世界のネコ型ロボットと未来に行き、戻って来た時は中年になっていた。年金問題に不安を抱いている。
後述のデッドプールとは色々ありすぎた仲。
ウメハラの持ちキャラ。抱くとサビる。
ホワイトクイーン
ホワイトクイーン/エマ・フロスト(本名エマ・フロスト)
テレパシーと体をダイアモンド化させる能力を持つ。サイクロップスが通いつめるSMクラブの女王様。抱くとホワイトクイーンが血まみれになる。重度の露出狂であり、普段からほとんどもろ出しの格好でいけない個人授業を行い、生徒が興奮して妄想で自分をXXXXXするところをテレパシーで読み取り、それでXXXXXする趣味の持ち主である。
サージ(アシダ・ノリコ)
青い髪の日本人。放電能力を持つ。抱くと感電する。

ニューミュータンツ[編集]

X-メンの二軍(とくべつがっきゅう)。

ウォーロック
よその星から来たアンドロイド。電子ウイルスを用いて、さまざまな機械や有機生命体を侵食していく。抱くと同化される。
サイファ
故人。ウォーロックの付き人兼通訳。抱くと心を読まれる。
ダグロック
ウォーロックの細胞とサイファの遺灰から生まれた男。
イリアナ・ラスプーチン
コロッサスの妹。魔法少女。魔法少女なので変身するとおっきくなるよ!でも死んだ。死んだので抱けない。

[編集]

マグネット。ニートって言うな!
マグニート(本名エリック・マグナス・レーンシャー)
アメコミ史上最強の自棄ニート。この年になるまでニートライフを満喫していたが、さすがに暇を感じてきたのか、ここ最近はボランティアでミュータントを保護する活動を行っている。よく死ぬがすぐに生き返る。にくっつく。ビニール袋をかぶせて砂場に持っていけば、砂鉄がわさわさとれて実に爽快である。彼は自分の力が磁力によるものだと主張しているが、その手の現象のたいていは汗によるものであることから、彼も世界有数の汗っかきの一人であると考えられる。彼の汗パワーは非常に強力で、本気を出せば地球の自転さえ止めることができる。対処法はベビーパウダーで汗パワーを無力化すること。そもそも、私と磁石の出会いはずいぶん昔のことで、私は四歳でした。その味は甘くてクリーミーで、こんな素晴らしいキャンディをもらえる私は、特別な存在なのだと感じました。今では私がおじいさん。孫にあげるのはもちろんヴェルタースオリジナル。なぜなら彼もまた特別な存在だからです。その味は本当に甘くてクリーミーで、こんな素晴らしいキャンディをもらえる私は、私は、ねるねるねるねは、こうやって、ねって、ねって、ねって、ねって、ねって、ねって、ねって、ねって、ねって、ねって、こうやって、つけて、うまい!
アポカリプス
アポカリプス(本名エン・サバー・ヌルヌル)
分子を操ることができるが、分子構造などについての知識がないため現在もトニーの下で勉強中。普段は出身地でもあるエジプトピラミッド探索ツアーのガイドをしている。かつての職業は王様のにくどれい。スットコと合体したこともある変態。愛読書は『遊☆戯☆王』。抱くとヌルヌルする。
嫌いな者は憲磨呂とんねるず
ザ・バウンサー
ブラックコンドル
ジャック・オブ・ハーツ
レディ・デスストライク
ウルヴァリンの元フィアンセである女サイボーグ。別名、付き指知らず。本名はユリコ・オーヤマ。
アバランチ
自信をつける…じゃなくて地震を起こす能力。金正日といっしょ。
スカーレットウィッチ
ニートの娘。能力はハルヒといっしょ。通称歩くもしもボックス。思い悩んだすえに、MによってSが支配される世界を作りあげた。そして、Sに支配されることを望んだMの一族と、Mを支配しないことによって痛め付けようとしたSの一族との戦争が始まったのだ。旦那はガラクタロボット。
クイックシルバー
ニートの息子。すごく足が速いので小学生にモテる。それ以上はムリ。シスコンであり、姉が関わると殺人も辞さない。ド変態である。抱くと余分にアイテムを出す。
いつの間にか子持ちになっている。それでもシスコンに改善の兆しは見えない。ド変態である。
改心してからも性格の悪さとシスコンの為に多数の人が犠牲となったが、「俺は悪くねー!」とばかりに開き直っている。ド外道である。
最近では娘にまで嫌われた。当たり前である。
4Red2.jpg
オメガレッド
ウルヴァリン個人の敵であるKGB関係者。やっぱりウルヴァリン個人の敵であるヤクザでニンジャの円谷(ツラヤバ)さんとつるんでいる。かつては赤末有人というペンネームを持っていた。
特技はおねしょ。抱くと吸われる。
センチネル
反ミュータントを掲げる科学者が開発したミュータント殺戮ロボ。しかし一般人までをも殺してしまい取り返しのつかないことになった。一般人女性を拉致して改造した美少女型センチネルとかもいる。
スタークインダストリーが作った人間搭乗型のはX-MEN女性メンバーの盗撮に使われてる。でもバレてフルボッコされた。
メスメロ
洗脳をはじめとする精神操作が得意。やや特異な姿で描かれることが多いため宇宙人かガンマ線を浴びた人に見えるけど、ウェポンXの被験者の一人。抱くと洗脳されて奴隷にされる。

ブラザーフッド[編集]

破面ファッションブームの火つけ人セイバートゥース
セイバートゥース
ウルヴァリンの元親友で現親友。「トゥーッス!」が口癖。息子の躾に失敗して愛人を殺され、いろいろ弱気になった。
ミスティーク
ナイトクローラーの母親。
実写映画シリーズではショートヘアかつ全裸の色物キャラクターに変更されていた。
ジャガーノート
ジャガーノート
筋肉馬鹿。別名:ムック、デカマルコちゃん
ムックというあだ名は、ポンキッキーズにハルクとともにガチャピンムックの代役として出演したことから来てる。ハイパーアーマーを持ってるから抱けない。
プロフェッサーXの義理の兄貴であり、優秀な弟に対するコンプレックスから頭に中華鍋を被るようになった。
最近は悪い奴からいい奴にジョブチェンジ。

X-メンの協力者[編集]

モイラ・マクダガード
ミュータントについて研究している科学者。ハゲの元婚約者だったが、ハゲの口臭に耐え切れなくなり破棄。息子の躾に失敗した。
リランドラ
銀河帝国シャイアの女帝。ハゲと遠距離恋愛している。
DOOP2.png
ドゥープ
X-メン達のカメラマンである謎の生命体。射命丸文とは浅からぬ縁を持っている。

その他[編集]

デッドプール
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「デッドプール」の項目を執筆してくれています。
デッドプール
ウルヴァリンの知り合いである、後天的ミュータント。当時肺がんを患っていた彼は、ミュータントになって、『死ににくい程度の能力』を得た際、がん細胞が全身に転移し、精神に異常をきたし、変態仮面以上に大変に変態なキ×ガイになった。ウルヴァリンと和解後は、たびたびX-MENに入ろうと試みているが、そのたびに失敗している。また、多重人格で漫才(メタを含む)をするという稀なキャラである。しかし、他人にとっては幻覚のようなものである。また、デップーの幻想は上条当麻でも殺せないレベルの病気である。
愛称はプーさん、デップー。口癖は「くたばれウルヴァリン!」(とにかくディスるのが好きであり、作者すらディスる)。
あまりにもキ×ガイだったため、日本のアメコミファンに広く知られている。さらに、MARVEL VS. CAPCOM 3 Fate of Two Worldsへの参戦が決まり、今まで以上に有頂天になった。そして、昇龍拳を乱発したり、ライフバーなどで人を殴ったりやりたい放題やった。
ちなみに恋人は死の女神・デス。デスに惚れてたサノスというゴリライモがやきもちを焼いたため、デッドプールに不死の呪いをかけたが、当のデスはデッドプールと何度も会ってた。近年ではシクラーというサキュバスの女王と結婚し、物議を醸している。
ともだちにケーブル、タスクマスター、スパイダーマンがいる。スペイン語とドイツ語、日本語ベラベラ(例:ショウリュウケン←)。
近年彼の邦訳本が出た際は、あまりの面白さに売り切れが続出し、重版となる事態になり、『ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ』客演時は超有名声優が声を当てたこともありファンクラブ拡大の成功につながった。
てか、この項目おかしくねぇ?俺ちゃんだってX-MENだぜ?
お前ミュータントじゃなくてミューテイトだろって?いんだよ細けぇ事は!日本人でミュータントとミューテイトの違いが分かる奴なんていないだろ?
いいからさっさと俺をX-MENの項目に移動させろよバンバンバンバンバンバーン!!!!
あとMvC3でダンテはいらねぇ!!戦闘スタイルがかぶってんじゃねぇーか!!生まれは俺ちゃんのが先なんだよん!!・・・・っと(カタカタ)
X-23
ウルヴァリンのクローンである元娼婦。別名ひとりニトロプラス
コミックの初登場シーンでは寝てる男の隣でリストカットしてる。
ウルヴァリンいわく「俺のクローンがこんなに可愛いわけがない」。
ダケン
ウルヴァリンの息子。モヒカン。
ウルヴァリンいわく「俺の息子がこんなに高身長でバイなわけがない」。

他にも、チューバッカぽいのとか、手からが出るのとか、が出るのとか、たくさん出てくるよ。来週も見てね。

主なストーリー[編集]

ちび化した時の写真
ゾンビ化したウルヴァリン
ダークフェニックス・サーガ
フェニックスであるジーンが皆が女王様扱いしてくれないので、逆ギレして起こした事件。
インフェルノ
ジーンのクローンであるマデリーンが皆が女王様扱いしてくれないので、逆ギレして起こした事件。
エクステンション・アジェンダ
ミュータントを奴隷としているジェノーシャでX-メンたちは観光旅行を楽しんだ。
エクスキューショナーズ・シング
教授がストライフと名乗る男に襲われ、意識不明の重体となる。X-メン達に束の間の休息が訪れた。
フェイタル・アトラクション
復活したマグネットが超強力磁石となって現れる。コロッサスがくっついてしまう。あとなぜかウルヴァリンの骨もくっついた。
ファランクス・カビナント
センチネルを設計した科学者が作り出した機械生命体が若者を狙って痴漢行為を繰り返した。手鏡を使う。
リージョン・クエスト
教授の息子リージョンがマグナスを殺そうと過去に戻るが母親に恋され、自分が生まれなくなってしまいそうになったので、父親である教授を殺した。これによりAOAが引き起こされたがゴームズの息子のおかげで引き起こされなかったことになった。
エイジ・オブ・アポカリプス
教授が死んでしまったために歴史が変わってしまい、X-メンが結成されない現代となる。とても平和。マグネットがかっこいい。
オンスロート
教授がハゲに対する世の中の厳しさに絶望し、世界中の人間の髪の毛を奪おうとした。多数のヒーロー達が犠牲となった。でも蘇った。
オペレーション・ゼロ・トレランス
ミュータントを危険視するバスチオンにより、ミュータント全員の毛が剃られた。
ディズニー・アマルガム
ディズニーがマーベルを買ったため、他のマーベルコミックのキャラクターともどもディズニーキャラクターと融合した。
マーベル・ゾンビーズ
マーベル世界のキャラクターがほぼ皆ゾンビ化した作品。正史ではないが、日本語版が出版されたため、日本でも一定の知名度を持つエピソード。
アベンジャーズVSX-メン
X-MEN総出でアベンジャーズにケンカ売る話。ウルヴァリンのようにアベンジャーズにも所属しているヒーローがいたため、どっちにつけばよいのか悩む者もいた。
アベンジャーズ所属のブラックパンサーと、X-MEN所属のストームの夫婦喧嘩が原因とされ、それにアベンジャーズとX-MENが介入したとか。

他メディアでの活躍[編集]

テレビシリーズ[編集]

マッドハウス版ウルヴァリンのデザイン画
スパイダーマン&アメイジングフレンズ
ウルヴァリンらが登場。ウルヴァリン=イケメンの発端となった作品で、当時彼の声を当てていたのは檜山修之さん。
衛星放送版
のちにディズニー・アマルガムの発端となった作品。音響監督・岩波美和がまじめにやった作品で、あまりの暗さから『X-MEN Children of The Atom』の実況コーナーである「X-FIGHT」がなければ打ち切りにされたかもしれないと関係者の間でうわさされている。
X-men Evolution
いわゆる学園パロ。X-23はもともとこの番組のオリジナルキャラだった。
マッドハウス版ウルヴァリン
ウルヴァリン単独主演作品。アイアンマンがヒットしたため、二匹目のドジョウをマッドハウスが狙った結果、ウルヴァリンが快諾してくれた。
しかし、ウルヴァリンをイケメンになったまま出演したため、ウルヴァリンは本当にこんな奴だと皆に誤解されてしまった。『こんなの俺じゃない』とウルヴァリン本人が思ったのにもかかわらず、ウルヴァリンイケメン説は世に広まってしまった。
中の人は、ジャック・バウアーだ!!
マッドハウス版X-MEN
ウルヴァリンばかりずるいとX-MEN総出でマッドハウスに物申した結果、アニメ化された。
ディスクウォーズ:アベンジャーズ
ヒーローたちとヴィラン達がロキの策謀によってディスクに閉じ込められる話。シルバーサムライを救ったのがアイアンマンになるなど、設定改変が横行したためウルヴァリンの出番が危ぶまれていたが、セイバートゥースと対決する形で無事参戦を果たした。(ただし、ウルヴァリンはチビではない模様)
また、デッドプールがゲスト出演したことにより、日本のデッドプールファンクラブが勢いをまし、デッドプールが番組のヒーロー人気投票で1位を獲得するという椿事が起きた。
ちなみにシルバーサムライの中の人は主題歌担当者である。
アルティメット・スパイダーマン
スパイダーマン主演のテレビアニメ。ウルヴァリン、セイバートゥース、ジャガーノート、メスメロらがこれまでにゲスト出演をしている。
ハルク
スマッシュ・ヒーローズ
ハルクファミリーのテレビアニメで、『アルティメット・スパイダーマン』とは世界観を共有している。ウルヴァリンがゲスト出演しており、ウェンディゴ退治に一役買った。

コンピュータゲーム[編集]

MARVEL VS CAPCOMシリーズより
X-MEN Children of The Atom
テレビ版『X-MEN』の冠スポンサーがカプコンだった故に実現したゲームソフト。豪鬼が隠しキャラクターとして出ていたことをマグニートーから教わったアポカリプスが、後々に彼を拉致して洗脳して改造した。
MARVEL SUPER HEROES
『インフィニティ・ジェム』を原作としたゲーム。他作品でのチョイ役だったシュマゴラスが参戦したことで話題になった。『ヴァンパイア』シリーズからアニタが応援に駆けつけてくれた。
X-MEN VS. STREET FIGHTER
ストリートファイターシリーズとのコラボレーション。サイクロプスがリュウと握手を交わしたことで話題となった。
なお、キャミィが本作で再登場を果たしている。
MARVEL SUPER HEROES VS. STREET FIGHTER
上記の続編。この際、ウルヴァリンは『X-MEN Children of The Atom』から出演していたため、皆勤賞メダルをもらった。
また、憲磨呂が出演したことに対してアポカリプス様が発狂した。このほかにもオメガレッドがリュウを殺害したり(ただし、これは正史に数えられなかった)、春日野さくらが殺意の波動に目覚めたり、ザンギエフがロボット化したり、豪鬼がメカ豪鬼になったりと大騒ぎになったタイトルでもある。
MARVEL VS. CAPCOM CLASH OF SUPER HEROES
『オンスロート』を原作としたゲーム。ウルヴァリンは相変わらず登場。ガンビットが再びプレイアブルキャラクターとして参加。ローグやマグニートーらもスペシャルパートナー(ストライカーおよびアシスト)として参加。
また、マグニートーは騒ぎを起こしたお詫びとして、自分の能力をコピーしてロックマンにそれをプレゼントした。
MARVEL VS. CAPCOM 2 NEW AGE OF HEROES
ウルヴァリンらのほかに、サイクロプス達らが参戦。この作品ではウルヴァリンが2種類(アダマンチウム有りとアダマンチウム無し)も選べる。
本作のみ『X-MEN』からケーブルとマロウが参戦している。また、この作品からセンチネルが隠しキャラ扱いで参戦するようになった。よっぽど高性能だったのか、続篇のマブカプ3にも参戦し、人気を博した。
MARVEL VS. CAPCOM 3 Fate of Two Worlds
シリーズ初の3D作品。ウルヴァリンらが参戦。デッドプールの新規参戦が彼のファンを狂喜させ、『X-MEN』からはX-23も新しく参戦したことでX-MENのファンクラブ拡大につながった。ただし、サイクロプスの参戦が見送られたためブーイングも起き、フェニックスが参戦したことでプレイヤーたちは顔面蒼白となった。
ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3
上記の『MVC3』のバージョンアップ版。残念ながら『X-MEN』のキャラクターは復活・新規参戦していない。ただし、デッドプールのアレンジコスチュームにケーブルのコスプレがあったりと、ファンサービスはそれなりに行っている模様。

実写映画版[編集]

X-MENシリーズ
実写映画版第一弾。チビで有名なウルヴァリンを演じたのがまさかの大男俳優だったことで話題になった。
ウルヴァリン : X-MEN ZERO
実写版『X-MEN』のスピンオフ。ガンビットは本作でようやく実写で登場した。
デッドプールが原作とかけ離れていたため、原作のデッドプールが映画版のデッドプールを殺すファンアートまで投稿された。また、『MVC3』ではデッドプール本人がこの映画を否定する発言をした。
ウルヴァリン: SAMURAI
上記映画の続篇で、ウルヴァリンが訪日してゲイシャやスキヤキなど日本観光を満喫するの様子を描いた作品。
アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン
登場人物の二人が出演しているが、大人の都合でX-メンとの関連性はオミットされた。
デッドプール
デッドプールが主役のスピンオフ映画で、『ウルヴァリン : X-MEN ZERO』での出来事はオミットされた模様。エログロ満載で15禁になったにもかかわらず、世界中で大ヒットした。
X-MEN:アポカリプス
アポカリプス主演映画。当初、日本語版エンディングを『マツケンサンバ』にしようという案があったが、アポカリプスの猛抗議によって没となった。
LOGAN ローガン
ウルヴァリンの晩年を描いた映画で、老眼の啓発映画としても知られている。
『デッドプール』同様過激な描写満載で15禁になったにもかかわらず、世界中で大ヒットした。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

この項目「X-メン」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)