VR蓮舫

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

VR蓮舫とは民進党が開発した、対人用の据置ストレステストである。中国語対応。

概要[編集]

PlayStation VRのゲームソフトで、専用のゴーグルをつけることで国会の議論に立つ総理大臣となり蓮舫の徹底的な追求をされるという誰得体験ができる。発売日は未定だが、今年のニコニコ超会議において先行試写会及び体験版のプレイができるため、発売日は年内だと思われる。尚、売上金は民進党の政治資金となる模様。自民党もスマホアプリで身内を空に飛ばしているため、問題ないだろう。

ゲームシステム[編集]

耐久モード[編集]

上記にも書いてあるように、自分が総理大臣となって蓮舫の追求をただひたすら受け続ける。スコアは心拍数で計り、平静を保てていればいるほどスコアは上がる。しかし、そこそこ年をとった短髪女が青筋立てながら捲し立ててくる恐怖は凄まじく、また蓮舫の発言の中にメタ発言がいくつかあるため理不尽による怒りも合わさって、高スコアは至難の業である。製品版では難易度とエピソードが選択でき、低難易度だと蓮舫がポンコツになり、最も低い難易度だとブーメラン発言ばかり飛んでくる。エピソードは全盛期の蓮舫が登場する「仕分け」や話題の「森友学園」が選べる。

追求モード[編集]

製品版でのみ遊べるモード。今度は一国会議員となって蓮舫を追い詰めることができる。エピソードは二重国籍しかないが、耐久モードでの鬱憤をぶつけることができる。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

蓮舫 VR蓮舫加筆、修正する理由は何があるんでしょうか?
書きかけじゃダメなんでしょうか? (Portal:スタブ)