Undictionary:ね

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

[編集]

ネオテニー[編集]

幼女を幼女の姿のままに保つ技術およびその処置個体の名称。

ネクタイ[編集]

社畜を飼い慣らすために用いられる首輪の一種。そのため、公務員ネクタイを外す夏期においても、一般の会社では着用を強制される。

寝首[編集]

かさぶた以上に掻いてはいけないもの。

根暗[編集]

植物を取り巻く環境は、一般にが当たらず暗い。光が当たっても無意味である。

ネクロフィリア[編集]

死体を粗雑に処分することに断固反対する慈悲深くて優しい人達。

猫中毒[編集]

  1. テゴマスの7枚目のシングル、またはそれに収録された曲。短い曲であり、曲長は2分半しかない。
  2. を極度に愛する事を主症状とした病。発症すると猫無しでは生きていけなくなる。唯一の治療法は患者から猫を隔離する事だが、隔離した結果患者が発狂したり自殺したりと事態がより悪化する危険性が高いので、治療はほぼ不可能である。
  3. 猫を食した事で起こる消化器疾患の総称。普通は疾患よりも猫を食べた事自体が重大な問題として扱われる。

猫にこんばんは[編集]

猫にも挨拶をするくらい礼節を欠かさない人の事。

ねこの手[編集]

ねこの手を強引に奪おうとする身勝手な人間。後で手痛い反撃が待ち受けるのは言うまでもない
ねこの手がほしいですか?

ねこの手(-て)とは人間が助けがほしい時に貸してくれる便利な手。その有用性は「ねこの手も借りたい」とのコトワザで表現されるように大変便利である。「ねこの手も借りたい」と叫べば必ず一匹猫がやってきて猫の手を一本だけレンタルしてくれる。ねこの手を千本借りると別名「千手観音」と呼ばれる。実用性は不明。

ネズミーランド[編集]

巨大黒ネズミを首領とした様々な動物たちの中の人が、現実と空想の判別能力に乏しい女性子供などを詐欺と巧言令色を用いて騙し、彼(彼女)らを媒介として現代社会に疲れた大人たちを間接的に洗脳し、金銭を搾取する伏魔殿である。

熱戦[編集]

むかしむかしアメリカロシアの間にあった冷戦(冷たい戦争)と比較して語られる、熱い戦争と呼ばれた戦争のこと。概ね戦場となるのは二次元の世界であり、バックコーラスに「SKILL」や「GONG」、「ビッグブリッヂの死闘」などが流れていることが多い。

ネットハンター[編集]

  1. 網を使って狩猟を行う人。
  2. 公費インターネット犯罪に加担する日本の精鋭部隊のこと。

ネットワーク[編集]

網を使った仕事のこと。主に漁業を指す。

涅槃[編集]

お釈迦様の寝転がっている銅像がある場所を概してこう呼ぶ。転じて、肩肘ついて横になりテレビを見ている状態のことも呼ぶようになった。

値札[編集]

日本の書店で蔓延しているいじめに用いられる道具。美品のまま本をとっておくという消費者の概念を上手く利用しているのが特徴で、それらの心理とは覆して非常に剥がしにくい素材を使用すると高得点。全国的にはB●●K●FFなどがそれらのいじめを推奨している。

根回し[編集]

本来、地面にしっかりと固定しておくべきである根っこを盥回しにするという、無意味で馬鹿げた行為。別名、ポーランド人の電球回し。

根本改革[編集]

根本を挿げ替えて改革したことにすること。つまり、現場に責任を押し付けて上層部の顔ぶれは変わらないこと。

ネーミングセンス[編集]

見た目ばかり尊重して中身を全く鑑みない感覚。

Bouncypotato.gif
これだけでは満足できない人のために、アンサイクロペディア暇人たちが「ねるねるねるね」の項目を執筆しています。

寝る子は起きる[編集]

当たり前であることの例え。用例「そんなの寝る子は起きるだろ!」

ねるねるねるね[編集]

子供向けの錬金術実験用教材シリーズの一つ。子供に興味を持たせるため、実験の副産物としておいしい食材を生成する事が出来、これらは大人の鑑賞にも堪えうるほど美味極まりないものとされる。生成された物質をそのまま食してもよいが、ウエハースなどの他の食材と併用する事も出来る。

Bouncypotato.gif
これだけでは満足できない人のために、アンサイクロペディア暇人たちが「年賀状」の項目を執筆しています。

年賀状[編集]

毎年元旦に日本全国で行われるDDoS攻撃の事。DDoS攻撃とはネット上に膨大なトラフィックを流し機能を麻痺させることだが、この年賀状は葉書を使い郵便ネットワークを麻痺させることを目的としている。攻撃側の日本国民は「十数億枚も送っているんだ、彼らもさすがに参るだろう」というコメントをしているが、それに対し日本郵便は「郵便ネットワークのベンチマークに丁度いい、その上年間営業利益の約1割を占める大事なお客様だ。」と余裕のコメントを残している。近年、携帯パソコンが普及し年賀状から電子メールによる攻撃に推移していて、攻撃が分散してしまうのではないかと言う不安の声もある。しかし現状はメールサーバーが多数ダウンするなど効果はあるようだ。

念ずれば頭痛[編集]

「念ずれば通ず」へのアンチテーゼとして誕生した故事成語。なにかを成就させようとするとき、成就させようと強く願うと成就するというが、実際は念じても念じても頭が痛くなるだけで全然成就などしない。この言葉を考案したのは二葉亭四迷と言われている