Uncyclopedia:言語テンプレート

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

日本語版アンサイクロペディアのBabelで使われている言語テンプレートは、簡単に整備や改造ができるように作られている。新しく言語を登録するのは簡単だ。新しく言語レベルを登録することもできるが、こちらはちょっとばかし難しい。

新しい言語を登録する[編集]

新しく言語を追加する場合、以下の手順に従うこと。

  1. その言語が既に存在していないかどうか、Template:LangNames編集ページで確認すること。これから登録したい言語が現実世界にも実在する言語の場合、その言語の正式な符号(2文字のアルファベット。例えば日本語なら"ja")を言語コード表で確認する(原則として2文字のもの)。これが言語のコードになる。その言語が存在しなかったり、何らかの理由で正式なコードが使われてしまっている場合、ウィキペディアでもアンサイクロペディアでも使われていないものを選んでコードを決める。
  2. ユーザーを登録すべきカテゴリー、「Category:User_xx」( xx は言語コード)を作成する。説明文はTemplate:Lang Categories Textを使用するので「{{Lang Categories Text|○○○|xx}}」と1行だけ書き込めば良い(○○○は言語名、xxは言語コード)。
  3. Template:LangNames編集ページを開く。
  4. 既に登録されている言語名を参考に、新しい行を作って「 |xx=○○○」( xx は言語コード、○○○は表示したい言語名)と書き込む。この言語名はテンプレートの左側の符号(例えば「ja-N」の部分)に貼られるリンクのリンク先にもなる(例えば、言語名が「日本」なら、「ja-N」などの部分から「日本語」へのリンクがはられる)。
  5. 最後に、Uncyclopedia:Babelの「言語別」の「編集」を開き、その言語の説明を書き加えておくこと。他の言語を参考にして、コードや言語名、説明文を追加する。

新しい言語レベルを登録する[編集]

Rtfm.gif 新しい理解度レベルを作成する場合、この節を全て理解してからにしてください。
新しいレベルをきちんと整合した形で作成するのは、新しい言語を登録するよりも複雑で、wiki文法への理解も必要です。さらに、新しいレベルの位置づけや意味について十分な調整も必要です。ノートで十分な議論をすることが望ましいです。

新しい言語レベルを作成する場合、3つの要素を登録する必要がある。枠の色、背景色、説明テキストだ。それぞれは、Template:LangLevelColors(枠の色)、Template:LangLevelBgColors(背景の色)、Template:LangLevelText(説明文)の3つのテンプレートに対応している。


枠の色、背景色[編集]

LangLevelColorsLangLevelBgColorsについては、既に登録されているレベルを参考に、新しい行に「 |x=#cccccc」のように記述する。xは言語レベルを表すコード、#cccccc はRGBコードだ。もちろん、色名(white、blackなど)でもかまわない。#は内部で#と変換される。が#ccccccと書くと変換過程で

  1. cccccc

になってしまうのでwikiを騙してあげる必要がある.必ず、#ccccccとしよう

なお、LangLevelColors は枠線と左側のコード部分の背景の、 LangLevelBgColors はテキストの背景部分の色になる。

例:

ja-N このユーザーは日本語母語話者です。

この場合、

  • 濃いグリーン = LangLevelColors
  • 薄いグリーン = LangLevelBgColors

になる。

説明文[編集]

LangLevelTextが説明文にあたる。これは枠の色や背景色に似ているが、書き込むのは説明文そのものになる。

この中には、

  1. その言語名
  2. 言語のカテゴリーへのリンク
  3. カテゴリー登録のための記述文

の3つを記入する必要がある。詳細は既に登録されているテキストを参照にして欲しい。

文中で、

[[:Category:User_{{{2}}}|{{LangNames|{{{2}}}}}]]
これが言語名を表示する部分になる。通例では、言語名にそのカテゴリーへのリンクがはられている。
[[:Category:User_{{{2}}}#●|○○○○]]
これが、そのカテゴリーの、理解度レベル別にソートされている所へのリンクである●を必ず、理解度レベルのコードに書き換えること。また、○○○○部分には好きな言葉を書いて良い。
[[Category:User_{{{2}}}|●]]
最後にこれを付け足すこと(●を必ず、理解度レベルのコードに書き換えること)。これが無いと、その利用者の利用者ページをユーザー言語カテゴリーに登録できなくなってしまう。

(レベルNのもの):

|N=このユーザーは'''[[:Category:User_{{{2}}}|{{LangNames|{{{2}}}}}]]'''の'''[[:Category:User {{{2}}}#N|母語話者]]'''です。[[Category:User {{{2}}}|N]]

結果はこうなる。

このユーザーは日本語母語話者です。

周知[編集]

作成し終わったら、最後にそれを周知しなくてはならない。

  1. Uncyclopedia:Babelの説明文にそのレベルを書き加えておく。
  2. Template:LangsTemplate:Lang Categories Text編集ページを開き、既に登録されているレベルを参考にして、そのレベルの説明を書き加える。

これで終わりだ。どうせだから、ノートから理解度レベル作成までの議論を削除しておくといいだろう……間違って2回も作成されちゃかなわないし、とりあえず目障りだ

関連項目[編集]