Uncyclopedia:秀逸な記事の選考/戦闘美少女

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

戦闘美少女[編集]

テンプレート案[編集]

戦闘美少女(せんとうびしょうじょ)とは、妄想の戦争文化の中に生まれた戦後日本の特産物である。 戦闘美少女とは、1980年代以降日本のマンガ・アニメ(動漫)空間において急速に発達してきた主に男性作家による独自の美少女表現様式である。多くの作品においては、どうみても実際の戦場に立ったら体力不足から即座に射殺、撲滅されるだろう容姿および服装の10~20歳前後の少女たちが勝手にセカイの運命を担わされ、否応も無く魔法などの特殊技能を持たされて戦うという表現様式である。ゲーム空間においてはそれがより露骨に展開されており、戦闘美少女の存在が半ばデフォと化してきており、特に下半身はろくな鎧さえ装備させてもらえないまま、戦闘画面へと駆り出される…>>記事全文

推薦者より[編集]

戦闘美少女という表現作法に関する独自性の高い総合哲学として、アンサイクロペディア外部の者でも読まれやすい内容になっているため--ヴォジャノーイ (会話) 2013年3月28日 (木) 02:41 (JST)

投票欄[編集]

  • (反対)秀逸の基準における「大多数の人がその面白さを理解できる」に該当しないと思います。--Hresvelgr 2013年3月28日 (木) 04:12 (JST)
  • (反対)ツンデレみたいなわかりやすさはないし、勇者みたいに視点を変えているわけでもない。かといって風刺しているわけでも皮肉になっているわけでもない。ぶっちゃけ言うと「ただの個人評論文」。秀逸どころか長いだけの並記事--BCD (会話) 2013年3月28日 (木) 23:01 (JST)
  • (反対)普通の記事という印象。--micch (会話) 2013年3月30日 (土) 00:45 (JST)
  • (反対)読みにくいと言うのもあるが、内容が不親切な内容に感じる。魔法少女のような普遍性があればよかったかもしれない。--黒土 2013年4月7日 (日) 00:33 (JST)
  • 終了 終了 却下で終了。なお、本推薦は早期終了要件を満たしていたため、本来は4/4の時点で閉じるべき要件であったことを明記しておきます。 --micch (会話) 2013年4月14日 (日) 10:34 (JST)