UnNews:Windows XP死亡説を再度否定

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

消息が分かっておらず、かねてから死亡説が流れていたWindows XPであるが、Microftのゲイツ総督はWindowsXPがまだ生存していると2008年4月4日発表した。

笹塚の日本州総督府からほど近い、新宿三丁目BYGSで、日本時間の午前11時から記者会見が行われた。4月4日らしくドラァグクイーン姿で現れた総督は「我々が保有している未知のウィルス感染で2014年4月1日に死んでもらう予定である」と述べた。CD-Rは紫外線などの光に弱いため、居場所は引き続き公開されない。

延命は二階建てのボロOS重く、自重で倒壊するなどの惨事が起きているためで、今後、Windows 7クソだった場合、さらに寿命は延びると予想される。総督府の発表にもかかわらず、このまま日本など大多数の国では2051年の元旦を持って永遠の命を獲得すると考えられている。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ