UnNews:M-1グランプリ今年で打ち切り

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【2010年12月14日冗談は吉本配信】

12日、吉本興業は、同プロダクション製作の若手お笑い漫才コンテスト「M-1グランプリ」を、2010年開催をもって打ち切ると発表した。

2001年から吉本興業が若手漫才師を売り出す際に箔をつけるため身内贔屓のヤラセ大会として始まったM-1グランプリ。記念すべき第1回から、首を捻りたくなる採点結果が物議を醸し出し、その後も採点システムの一新や審査員の入れ替えなど見苦しい悪足掻きが続いていたモノノの、10年目にして遂に引導を渡されることになった。特にこの数年、優勝者は軒並み事前に仕込んだネタ以外では笑いがとれないタイプばかりで、アドリブなどのテクニックが要求されるトークスキル必須のバラエティ番組で全く使い物にならないことから、M-1という金の折り紙より安っぽいメッキがいよいよ本格的に剥がれることとなり、評論家の間ではプロアマ問わず打ち切りは時間の問題というのが統一見解となっていた。

今回の打ち切りに関しては内容や視聴率の問題だけではなく、優勝賞金1千万をはじめとする開催にかかる莫大な費用、特に審査員内の大御所と呼ばれる好き勝手なことを言ってもお咎めなしな化石芸人のギャラ及び接待費が既に重荷となっており、審査員のうちトップ3が浪費するこれらの費用の総計が優勝賞金を上回っているといった矛盾を抱えていることも明らかになっている。また大手スポンサーであるオートバックスも、M-1グランプリ及び優勝者を起用したCMの宣伝効果にかねてから疑問を抱いており、最終的には撤退を意識したスポンサー料の減額を進めていたことも打ち切り決断の後押しになったものと思われている。

吉本興業は、「売り出し中の若手を力業で粉飾するという開催当初の目的は思ったように進まなかったので達成したということにしてしまう。10年目という区切りに便乗して有終の美を飾るということにしてしまおうとやめることにしたので余計なツッコミは避けて欲しい。今後は、時代と観客の声と3Dテレビに対応した新たなコンテストの企画をすすめていきたい」と強気の姿勢を崩していないが、今後は経費削減のためにも、開催施設等は同社所有の劇場などの流用で済ませる一方で、DVDなどのグッズに予約特典として強引に必要性のないアイテムを付属させて値を吊り上げるというAKB48並みの抱き合わせ商法を展開していくものと考えられている。

関連ニュース[編集]

関連項目[編集]


UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?


最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ