UnNews:J2徳島、今度はサポーターがピッチ乱入

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【2017年5月14日】

ピッチに乱入した徳島サポーター

4月29日のジェフユナイテッド市原・千葉戦で馬渡和彰選手がボールボーイに暴行を働き、さらに試合終了後にサポーターが別のボールボーイに液体をかけた事で揺れているJ2徳島ヴォルティスの試合でまた事件が勃発した。

13日に鳴門大塚ポカリスエットスタジアム(ポカスタ)で行われたFC岐阜戦において、試合前に徳島サポーターの自称・俳優のO(65)がピッチに乱入。Oはレプリカユニフォーム以外の服を着用しているという「トラブルを起こすコアサポーター」によくある姿でピッチに乱入後、なぜか審判団と両チームのキャプテンに花束を手渡し、事前に用意してあったカメラマンによって記念撮影を実行。

その後Oはゆっくりピッチを退場してスタンドに戻ったところを徳島スタッフに捕まり、VIP席に来るように求められたが、「年間パス持ってるので」と連行を拒否。Oのオーラに徳島スタッフは抗うことができず、Oは悠々といつもの自由席に移動して試合を観戦した。ハーフタイムには席を離れて一般の子供達や大きなお友達からサイン攻めに遭いながらポカスタのスタジアムグルメに舌鼓を打つなど、試合前にピッチに乱入したサポーターとは思えない行動をしていたという。

試合は徳島が岐阜に1点を先制されたまま試合終了かと思われたが、ラストプレーで徳島が追いつき、1-1のドローで終わった。試合終了後、普段はJ2の事を気にもかけない癖に問題発生時だけ嬉々として取材に来る大手マスコミ各社の記者に対して、サッカートークを10分以上も披露。「徳島まで来たのだから何かネタを持ち帰らないと上層部に睨まれる」と心配していた記者達を安心させるだけの芸能ネタというお土産を持たせて、悠々とスタジアムを後にしたという。

UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?

外部リンク[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大杉漣」の項目を執筆しています。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ