UnNews:Gogglemanまたも訴追

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

Goggleman 本気汁漏洩と肉棒カンチョー罪でまたも訴追 - 5月16日 The Beast 格闘漢獣ニュース


ひよこ陛下
Notアダルトな記事
この記事は多少えっちだけどYahoo!きっずキッズgooでも見れる記事だよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。
これでエロいとかってんなら、To LOVEるを規制してみやがってください。お願いしましたよ。

大手男性検索サイトのゴーグルが、またも訴追されていたことが判明した。問題となったのは、組合員サークル機能であるゴーグルマン(英:Goggle Man)である。ゴーグルは、2011年4月ごろから、主要な男性検索サイトで、派手な広告バナーを出して「高額収入」「イケメンとアッー!放題」と謳い、ゴーグルマンの参加を募集していた。サイトでは秘密厳守を謳い、顔の一部を隠してのAV収録参加が可能であるとしていた。しかし、同社は海外子会社を通じてオンライン販売することで、ぴーを無修正で公開しており、結果的に本気汁の大量漏洩につながった。なお、日本国内では、本人の同意があってもぴーの公開は元来認められていない。

また、他にも、プロフィールを公開している本人の同意なしに、組合員検索をしていた[1]などの問題が発覚した。ゴーグルでは検索結果の改竄も行っているとの噂があり、Fecebookなど検閲のないサイトで告発の動きがみられた。

米国防総省長官のジムハウスマン(179*86*72)は、「本気汁漏洩と肉棒カンチョー罪で全てを海に沈める」と述べ、FBIと協力し捜査を開始したことを15日の記者会見で公表した。

男性AV業界では、2003年頃にも、イケメンAV男優の国籍から在籍大学、ハンドルネーム、運営しているゲイサイトのURL、ウリ専での源氏名、ケツの毛まで全部晒される事件が起きており、出演したAVのビデオテープを実家に送りつけられる事態にハッテンしている。最大手の組合員検索サイトでも、入会紹介制を突如全廃して、無修正のチンコ画像を大量公開していた過激な方々の間で騒動にハッテンした。

FeceBookは後発だけあって安全です[2]、そこの弟を捜している兄貴の方々、どうにかFeceBookを使用してあげてください。

この記事は、おはようからおやすみまでアナルを通るFecebookの提供でお送りします[3]

ニュースソース[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ