UnNews:1本5000円の水が大ブーム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

松岡利勝農相が飲んでいた「議員会館の水」が全国で大ヒットだ。500ミリリットル5000円という値段でありながら各地で売り切れが続出。工場長も勤める同氏は「休日返上で生産していますが、まだ注文数に追いつきません」とうれしい悲鳴をあげている。

ブームのきっかけは松岡農相の事務所の収支報告。電気代も水道代も公費で負担している議員会館の会計に、2003年から2005年までの3年間約500万円の光熱水費を計上していた事による。これを受けて、自民党が議員会館の水を500mlペットボトルで1本5000円で売り出したところ飛ぶように売れた。叶姉妹が「お風呂上がりに毎日飲んでいます」とコメントしたことでブームが加速。全国的に品薄状態が続いている。水の成分は不明だが、「ナントカ還元水」という特殊な処理が行われているらしい。

松岡農相(兼工場長)はインタビューに対し「自民党に恩返しが出来てうれしい」と語った。麻生外務大臣は「紅茶にうるさいうちの姉妹もこの水なら文句なしです」と語った。

なお、収益は監査団体への袖の下に使われる予定。一部は国会議事堂へのモスラ誘致にも使われる予定。

購入は松岡利勝農相事務所(0120-xxx-xxx)か自民党党本部(0120-yyy-yyy)まで。

十大バ科ニュース

この記事は2007年十大バ科ニュースにて第二位を受賞しました。
いや、ただこれを貼っただけなのですが、なにか?

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ