UnNews:餅及びこんにゃくゼリー取締法可決 - 元旦での死者急増が原因か

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【2017年1月6日配信】

かつて報じられた餅類の危険性

今日未明、衆議院本会議において、「餅及びこんにゃくゼリー取締法」(略して餅類取締法)が全会一致で可決され成立した。

この法律は「高齢者における誤嚥性肺炎等生命の危機に繋がる餅類類及びその予備軍を規制し健康を増進する」ことを目的とし、超高齢化社会を迎えた日本の風物死を未然に防ごうとするものである。かつてこんにゃくゼリー規制の話が持ち上がった際「餅の方が危険である」と反対したように、今回も業界団体からは激しい非難が上がっている。また、古くからの習慣である餅食の規制は非合法な「闇餅」の存在を生む可能性もあり、更に「こんにゃくゼリー」と「こんにゃく菓子」「こんにゃく」それぞれの扱いが曖昧であり「ゼラチン含有量で危険性が決まるものだと国民に誤解させかねない」との批判もみられる。

法案提出から可決までが数時間という異例のスピードであり、また野党への根回しもなかったことから「強行採決は絶対に許せない。参院で差し戻し廃案に追い込まなければならない」と民進党蓮舫代表は気炎を上げている。

この法案は今年の6月から施行されるが、餅メーカーやこんにゃくゼリー大手のマンナンライフは商品の成分や名称を変更することで対応していくという徹底抗戦の構えを示した。本件の担当者は記者に対し「このような暴案は、たとえ噛み砕いても飲み込むわけにはいかない」とコメントしている。


UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ