UnNews:韓国ネチズン自国の特殊部隊に失望

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
自国の特殊部隊に失望し、自分たちで日本に対抗する手段を模索する韓国ネチズンたち。

17日、大韓民国特殊任務遂行部隊「HID」の隊員たちが日本大使館前で日本の国鳥であるキジを殺し、内蔵を食したり死体を大使館に投げ込んだりした行為に対し、韓国のネチズンたちは「これはひどすぎる」という声を高めている。


あるネチズンは「特殊部隊なのに、ハンマー包丁を使って鳥一匹一撃で殺せないなんて。腹立たしい」として、HID隊員の戦闘能力の低さを嘆いた。別のネチズンは、「あれは日本の国鳥のキジPhasianus versicolorではなく、我が国のコウライキジPhasianus colchicusだったのではないか」として、HIDに質問状を送り、殺したキジのDNA鑑定結果を公表するよう求めた。

HID隊員らが日本大使館の敷地内への侵入を試みて、機動隊に阻止されたことについて「特殊部隊なのにあのぐらいの塀を越えられないなんて、情けない」、HID隊員が投げたはしごが、韓国人カメラマンを負傷させたことについては「これはひどすぎる。敵と味方の区別もつかないなんて」と誰もが声を荒げた。「韓国の特殊部隊が無能だというイメージを世界に伝える結果になるのでは」と憂うネチズンが圧倒的に多い。


一連の騒動に対しては「彼らの怒りは理解できるが、日本に対抗するにはハルヒを超えるアニメを韓国で制作しなければならない」というネチズンの指摘がされ、「自分たちでハルヒを超えるアニメ制作隊「HID」(Haruhi Ijyou no anime Directores)を結成しよう!」という声に締めくくられた。一部「イルボンサラム!ハルヒを超えるだって?ありえない!」と反発する声もあった。


 ネチズン:Neo Ciber Zunner(東方神起)。後発性上海アリス幻樂団愛好者の略。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ