UnNews:韓国で徴用工提訴が相次ぐ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【ウリジナル新聞】

10月30日に第二次世界大戦中の徴用工訴訟(日本名:旧朝鮮半島出身労働者訴訟)について韓国最高裁にあたる大法院で新日鉄住金に対し損害賠償を命じた判決が下った影響で、韓国では大量の徴用工訴訟が相次ぐ事態となっている。

概要[編集]

第二次安倍内閣発足依頼、アベノミクスによって日本の景気は大幅に上向き、失業率も大きく改善し、日本国内では人手不足による値上げも起きている。

これに対して、我が国では文在寅大統領が主導する「所得主導成長」を目指した最低賃金の大幅な上昇により、人件費負担が増した中小企業を中心に雇用の減少が相次ぎ、若者の失業率は毎月最高水準を更新、若年層の体感失業率は23.4%と、アジア通貨危機以降最高の水準に至るほどだ。

自国では優良な雇用先が少なく、一部の優秀な人材しか雇用されないとあって、多くの韓国人外資系企業、特に地理的に近い日本企業への就職を求めて殺到する事態となっている。

日本企業も国内の人手不足解消の一翼を担ってもらうべく、優秀な韓国人を積極的に採用しようと就職フェアを開催するなど、政治での韓日関係の冷却を他所に、民間での交流は増大の一途を辿っている。

訴訟に至る経緯[編集]

上記のように、日本企業での就職を求めて運動した多くの若い韓国人が無事に就職を果たし就業し始めたのだが、多くの点で意識の差が激しくなりトラブルが続出。訴訟にまで発展する事態が激増している模様だ。

日本企業は人手不足の解消を目的としているため、比較的労働集約型の業務に韓国人を斡旋したり、始めは見習いとして単純作業に従事させるケースが多い。

これに対して韓国人側としては日本人よりも当然に自分たちの方が優秀という華夷秩序に基づく意識が強く、配属初日から営業の花形部署へ異動させろと人事部に訴えたり、単純作業などベトナム人にでもやらせておけ、という暴言をまくしたてるなどして、日本企業も困り果てているようだ。

日本では古代の聖徳太子以来、「和を以て貴しとなす」という思想が強烈に根付いており、韓国人からの要求は職場の和を乱すとして放置、あるいは試用期間中を名目に解雇に至るケースが頻発している。

もちろん、韓国の「言ったもん勝ち」の文化とは相いれない措置を受け、多くの韓国人が日本企業を提訴するなど、問題が泥沼化しているのが現状だ。

韓国政界の反応[編集]

日本では韓国ほどストライキなどの労働争議への国民理解が乏しく、また、解雇された韓国人の数が日本人に比べて少ないなどの理由で支援に乗り出しているのは一部の反日的な市民団体に限られており、書類の不備などの理由で日本の裁判所が訴訟を受け付けていないケースもままある。

書類の不備、などという屈辱的な理由で訴訟を却下され、多くの韓国人が火病怒り狂い、大統領府(青瓦台)への請願を行った結果、政府としては韓国の裁判所に対して訴訟を起こせば救済する、との回答を行うに至った。

これを受けて徴用工訴訟同様、政府の息がかかった裁判官による懲罰的な判決が出る確信を持った多くの韓国人が、裁判所に訴状を提出した模様。

その際、国内世論だけでなく、国際世論の支持も見据え、多くの訴訟が「日本企業に騙されて強制的に働かされた」、「意に反して連れ去られ、非人道的な環境で就業させられた」、「給料が安い」、「定時には机の前で準備していろとサービス残業を強要された」、「体や頭を使って金を稼げと言われた。従軍慰安婦と同じで人権侵害も甚だしい」、「チマチョゴリを着て仕事をしてはいけないと言われた。少数民族への迫害だ」、「世界で最も素晴らしいハングルでメモを書いたら『日本語でおk』などと差別された」、「韓国語で話しかけたら、日本語でお願いしますと言われた。日本企業が韓国語を社内共通語にしていないのは日本人が戦争を反省していない証拠だ」、「ブラック企業」と訴状に明記しており、イメージ戦略として「新徴用工訴訟」と銘打っている。

戦前の徴用工訴訟で韓日関係が制御不能に陥る中、新たな両国間の火種を政府があおるような対応に一部識者からは懸念も出されるが、日本の安倍首相や河野太郎外務大臣らの強硬な反論に嫌悪感を募らせていた韓国政界は、与野党の別なく原告の立場を支持している。

日本の政府・与党の反応[編集]

日本政府としては、今回の件はあくまでも民間企業でのトラブルとして、民事不介入の原則を打ち立てて一先ずは静観する構えを見せている。

とはいえ、与党・自民党内部では従軍慰安婦合意の骨抜き、旭日旗掲揚自粛要請、旧朝鮮半島出身労働者問題など相次ぐ韓国からの難題に辟易し、韓国疲れともいうべき状態に陥った政治家が、報復措置を検討しているとの報道も見受けられる。

また、ブラック企業問題に(色々な意味で)日本人で一番精通しているとされる自民党の渡邉美樹参議院議員は「この程度でブラック企業と言うなど、韓国人は甘えていて我慢が足りない。和民で10年働いてから語るべきだ。語る口が残っていれば」と発言し、相手にする価値がないとして戦略的放置を訴えた。

日本の野党の反応[編集]

日本の野党は、社民党が「ブラック企業の蔓延が原因であり、アベノミクスを続ける限り人手不足に困った企業が韓国人を採用する動きは止まらない」と訴え、人手不足を解消するためには好景気であることが問題だとしてアベノミクスの撤回を要求するなど、政権への攻撃を通じて間接的に韓国人を救済してくれている。

また、日本共産党は「働かされた人々の賃金が安いのが原因」として、最低賃金の大幅な引き上げ、具体的には現在全国最低の鹿児島県(761円)を含め、全国一律で1,000円以上にすることを求めている(前年比:30%超)。

最低賃金制度に詳しい元SEALDs幹部の一人は「韓国のように、日本も毎年二桁の最低賃金引き上げを行えば雇用も減少し、韓国から人々が大挙して訪れるような事態は防げる。早急に日本政府は最低自給を1,500円に引き上げるべきだ」とコメントを残した。


今後の展望[編集]

文大統領が北朝鮮との赤化統一に向けて着々と韓国国内の雇用を減少させ、国民を窮乏させていく中での日本企業とのトラブルについて一部保守派から懸念も呈されているが、文大統領の支持母体である労働組合からの突き上げもあり、韓国政府にこの問題を積極的に解決しようという機運は見受けられず、政府としては日本側の出方を引き続き注視しながらも国民に有利な判決を連発させて日本政府を揺さぶる戦略を続けていく模様だ。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ