UnNews:長崎市長、凶弾に斃れる

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

17日午後8時頃、長崎市の伊藤一長市長が、同市大黒町の選挙事務所前の歩道で待ち伏せしていた男に背後から拳銃のようなもので数発撃たれたNHK報道によれば、市長は搬送先の病院で、緊急手術もむなしく日付が変わる直前に死亡した。61歳であった。男はその場で取り押さえられ、現行犯逮捕された。

事情は警察の怠慢で詳しくは分かっていないが、関係者によると容疑者は市長選挙の対立候補で、事件前に伊藤市長の選挙カーが自分のにぶつかったなどといちゃもんをつけていたらしい。犯行に使われた拳銃のようなものは合法的に入手されたとの情報がある。

この事件を受け、政治家たちは一斉にコメントを発表している。安倍首相の「好きに、殺っちゃって。」、民主党の小沢代表の「いいんじゃない」など、肯定的なコメントが多い。自民党の小泉前首相は「やっとやってくれたか」との意味深なコメントを出している。

またその前日、アメリカでは銃の乱射事件が発生しており、この事件との関連性が疑われている。犯人はどちらもアジア人であるため、シンクロニシティや精神的同期の可能性が指摘されていた。しかし現場には発砲した回数よりも多い弾が発見されていること、また被害者の体内の弾の線条痕が被疑者のものと一致していないことが大きな問題であったが、アメリカ合衆国の発砲事件のそれと一致したことから、致命傷となった弾は流れ弾である可能性が高いことが判明し、日米共同捜査が始まっている。


最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ