UnNews:軽減税率が一律適用に

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
増税よりも先に軽減税率の適用を。

【安西新聞】2016/2/10配信

10日、内閣は国民の負担を軽減すべく軽減税率の一律適用を掲げた。これはあらゆる箇所に適用され、生活必需品だけでなくありとあらゆる部分全てに対して税金を軽減するものである。これによって生活必需品と贅沢品の区別などの諸問題は全て解決され、また一律にする事によって高所得者と低所得者への恩恵格差を是正する事ができ、税金の複雑化への対策にもなるため注目が集まっている。

一律適用によってあらゆる物価が安くなり消費の加速がし、経済の循環が活発化することによって景気改善への効果が得られるのではないかと期待されている。日本は長らくデフレーションの状況下にあり物価が下落する傾向にあるが、給与所得の変動無しに軽減税率によって物価が下がるため、デフレーションとは異なり単純に一般市民の生活が改善される見込みである。一部専門家は「このシステムであれば絶対に消費が増加し結果的に良いインフレーションの方向に持ち込む事が可能だ」と太鼓判を押した。

なお、消費税10%と同時に軽減税率の一律適用が開始される見通しだが、内閣府の担当者は「軽減税率をより幅広く適用した場合、恐らく消費税を10%にしても税収が足りなくなる。消費税を20%ほどにする必要性が出てくる」と軽減税率適用後に消費税が上がる可能性を示唆した。消費税が20%になる場合はさらなる軽減税率を導入し、また数年後には消費税が30%ほどになると予想されている。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ