UnNews:訃報/過去ログ2009-2008

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

※ここは、訃報の2008年から2009年までの過去ログです。最近の訃報についてはこちらを参照してください。

<2007年~2006年 | 2010年~2011年>


2009年下半期

12月31日

12月8日

  • 性欲の溜まっている人にアダルトコンテンツを自力で探してもらうための雑誌「ネトラン」が休刊。運営しているにゅーあきばは「資金難」を理由に挙げているが2010年よりアダルトコンテンツのダウンロードが違法化されることを見越し、逮捕されないための措置と思われる。

11月30日

11月10日

  • 年下の人の葬式をいくつも見てきた森繁久彌であったが、ついに自分の葬式を挙げる時が来たようだ。

10月31日

  • 「星の王子さま」こと三遊亭圓楽が星の王さまになるために地球から星に帰った模様。

10月21日

  • 漫才師長門南田のボケ担当である南田洋子が死亡。テレビ朝日では急遽終夜南田洋子特番に。あんた、あの子のなんなのさ♪ 南田洋子は長門の嫁サン~♪

10月17日

10月12日

10月4日

10月3日

9月21日

9月19日

  • オトナ帝国に引き篭もっているのかと囁かれていたエロ同人作家の臼井儀人氏、ヘンダーランドに旅立っていたことが判明。

9月16日

  • 鳩山由紀夫の組閣を見届けた彼の愛犬アルフィー氏、息を引き取る。「実は自民党スパイ粛清された。」という意見がある一方、「所謂ヒトガタの様なもの」との呪術的な意見がある。どちらにしろ、鳩山内閣を快く思わない者がいる模様。

9月15日

9月14日

9月9日

  • 風物詩として親しまれたポリエチレン詰め飲料「チューペット」の生産が中止に。同製品は乳首のような形状をした容器に入った飲料を吸引するものである。これを見た外国人からは「日本人は大人になっても口唇期を脱せ無い」と日本人を馬鹿にしていた。

8月18日

  • 7月13日に拉致され、ソウル市内の病院で軟禁状態に置かれていた韓国金大中元大統領が死亡しているのが発見された。85歳だった。今回はKCIAは関与していないと思われる。

8月14日

  • チョメチョメなどの発言で一世を風靡した、俳優山城新伍さんが老人ホームで死亡したと発表された。TVでチョメチョメチョメチョメだと発言するなど辛口タレントでもあった全盛期と比べるとあまりに寂しい晩年であった。なお、彼の晩年を悲惨にした原因である当のジャニーズ事務所は「ざまぁwww」とコメント。

8月4日

  • 統計学者の赤池弘次さんが死去。しかし「自らの死というパラメータは無視したほうが現実世界というモデルが最適化する」との遺言から、業績のわりに地味な訃報となった。葬儀も親族のみで執り行う。

8月3日

8月2日

  • 「フジヤマのトビウオ」と呼ばれた戦後日本の代表的な競泳選手、古橋広之進さんがローマの世界水泳選手権にプレゼンターとして参加後、疲れをものともせず三途の川を驚異的なスピードで渡りきった。タイムは未確認だが、世界新記録の可能性がきわめて高い。

8月1日

7月18日

7月4日

  • アメリカザリガニのスレッドキングABCが終了。同番組はプロの放送作家養成プログラムとして機能していたが、番組の終了により全国の候補生はニートと化した。

7月1日

2009年上半期

6月26日

  • 歌手のマイケル・ジャクソンが7月14日のライヴ準備としてとりあえず死亡。12時間後にはベッドから起き上がりあああああああああ!などと元気な美声を披露していた。準備の際にも側近の何名かがマイケル氏に噛まれて死亡し、氏とステージに上がる予定である。生前のマイケル氏は阿部高和に心酔し「タカカ=ズアベー!アベー!シャンプー!オカシテー!」などの歌詞で知られた。享年50歳。

6月13日

  • プロレスラーの三沢光晴氏が、試合中に死去。氏の団体「ノア」の転覆を狙う斎藤彰俊の犯行と見ている。

6月12日

6月1日

  • アメリカの自動車会社GMが倒産。その後国有化された。噂では国に吸収されたことでガンダムオタクの夢であったジムの開発・生産にも乗り出せるのではないかとも言われている。

5月26日

  • 801の大家であった小説家栗本薫さんが逝去。これにより世界最長の小説グイン・サーガが未完となった。またこの影響で三浦建太郎の休載病が再び発症する恐れがあるため、その動向が注目されている。

5月23日

  • 整形疑惑が浮上していた韓国のエンターテイナー盧武鉉さんが登山中に転落死。盧さんは金海市の公共サービス拡充を推進するなど数々の愛国活動を行っていたため、日帝の陰謀の可能性が高いとされている。

5月18日

5月11日

5月6日

5月2日

» 過去の関連記事 アーカイブ...

5月1日

  • アメリカの自動車オタククライスラーさんが死去。なお、現在友人のダイムラーさんの安否が不明である。クライスラーさんは死の直前、以前激昂してバールのようなもので壊した車の持ち主である日本の豊田さんや本田さんに助けを求めたが無視されていた。連邦政府は「彼は凄い人だったので(個人的に)殺せない」として死者蘇生の術を施す用意もあるとしている。

4月21日

4月11日

  • 松竹芸能北野誠を殺害したと発表。しかし、あまりに突発で謎すぎて「本当は別の首謀者がいます」と発言しているも同然であるため、現在勝手連が真の犯人を捜索中。

3月14日

3月10日

3月9日

3月1日

2月13日

1月20日

1月18日

1月14日

1月3日

  • かつて偽メール爆弾で一世を風靡した永田寿康氏がこの日、飛び降り自殺をしていたことが判明した。禁断の自殺用爆弾を使用してしまったようだ。

2008年下半期

12月31日

  • 2008年がお亡くなりになりました。しかし、死亡宣告の偽装が発覚し2008年は2009年だったことが判明。

11月30日

  • 新幹線O系電車が死去。雇い主のJR酉日本は哀感の意を表し、12月6日・13日・14日に葬式パレードを行った。

11月18日

  • 元厚生事務次官の山口剛彦夫妻が、犬将軍の生まれ変わりに殺害される。

11月7日

  • 私たちを代表する地球市民筑紫哲也さんが肺がんにより死去。ジャーナリスト鳥越俊太郎さんは「3km引きずりの犯人は根っからの悪人ではないと思う」と哀悼の意を表し、筑紫さんと同じく脳に癌が転移していたことを明らかにした。

11月4日

  • 小説家のマイケル・クライトンに噛まれ死去。緊急救命室での懸命の治療が行われたが、アンドロメダ病原体に犯され力尽きた。

10月30日

  • 真の秋葉系の大御所である九十九電機が死去。タミヤは深い哀悼の意を表した。一方で麻生首相は「九十九電機だったからいいけど、同人ショップで同じことが起きたら、みなさん大打撃よ」とコメントした。

10月20日

10月14日

  • 和歌山県白浜アドベンチャーワールドのヤリマンパンダ「梅梅」が死去。子種を作るため行為中の死去であった。園では近く彼女の一生と活躍を一本のビデオにまとめる方針。

10月11日

  • 三浦和義なんて、すでに亡霊のような存在だったけれど、亡くなったみたい。無罪でも、報道では容疑者呼ばわりの不思議。まさかサッカーボールで自殺できるとは思わなかった。」とロス死警がコメント。
  • 三浦和義元社長が、疑惑の首吊り自殺。昭和59年、日本初の保険金殺人小説『疑惑の銃弾』(文春文庫)でデビューし日本のサスペンス界に衝撃を与え、その後もサスペンス界の代表的存在としてマスゴミの注目を集め続けてきた巨匠の、華麗で衝撃的な最期であった。

10月10日

  • プロ野球セントラルリーグの2008年ペナントレースがひっそりと死去。葬儀には主要な戦争犯罪人が出席し、アメリカ、ダラスの教科書ビル前で行われる予定。

10月6日

  • 俳優界のオガケンこと緒形拳氏が死去。氏の遺作となる連ドラ「風のガーデン」は家族の生死をテーマとしており、自らの死をもって番宣をなしたようだ。

9月26日

9月15日

8月31日

8月4日

  • 河井英里さんが死去。アテナ先輩の歌声が聴けなくなるのは、でっかい悲しいです。

8月3日

8月2日

  • 漫画家赤塚不二夫氏の人生が最終回を迎える。但し、氏はこれまでにも『天才バカボン』などの作品において、【「最終回」を描いておきながら、数週間ほど休載しただけで復活(連載再開)】という手法で何度も読者を驚かせているため、関係者筋は今回も同様のドッキリである可能性が高いと判断。遺体から生命維持装置を外さずにそのまま放置し、数ヶ月程度様子を見る予定。 辞世の言葉は、「これでいいのだ」。

7月31日

7月25日

7月20日

  • 海の日を目前に黒海が死去。死因は地球温暖化による蒸発。告別式にはオホーツク海大西洋・地元の魚らが参列する予定。まぁドンマイ。

6月30日

  • NTTドコモのシティフォンがお亡くなりになった。余りに影が薄くなっていたため、看取る者も少なく侘しい最期であった。訃報が遅れたこと自体誰も気にしない

6月22日

これに伴い2012年に公開予定だったカーズ2の製作が中止になった。

6月17日

  • 幼児連続殺害事件の犯人であり、一部のヒトからでは教祖である、宮崎ツトム死刑囚を死刑が執行された。これに対し、全国のロリータコンプレックスの方たちは「まあ、教祖が死んでも、ロリコンは不滅です。」と答えた。同時にもう2人の死刑執行を行ったが、誰も気にしない

6月14日

  • 新線池袋駅・西武池袋線通勤準急・東武東上本線特急が死刑執行。新線池袋駅は池袋駅に、通勤準急は通勤準急に(でも誰も乗らない)、特急はTJライナー・快速急行に生まれ変わった。

6月11日

6月6日

6月1日

  • 「イヴさん」や「イヴたん」の愛称で知られるパリ「モードの帝王」イヴ・サン=ローラン氏が死去。葬儀には黒いエナメル地にYSL(イヴ・サン=ローラン)のロゴの喪服をまとったブランド愛好者が大挙して押しかける模様。

2008年上半期

5月31日

  • 元祖デブキャラウガンダ氏永眠。ありあまるその脂肪は石油ゆ石炭に変わるバイオ燃料として世界各国で均分して使われる予定。

5月26日

5月25日

5月6日

  • スーパーアグリF1チーム、ホンダの介錯によって死去。享年35戦。

4月30日

4月6日

  • 月光仮面」の原作や「まんが日本昔話」の歌でお馴染みの川内康範さんが死去。世界で最も美しい耳毛を持つ日本人として知られ、そのつややかな耳毛は永久保存されるらしい。なお葬儀では故人が作詞を手がけたヒット曲「おふくろさん」が流される予定だが、某歌手が乱入して「○ね○ね団のテーマ」を歌って妨害するのではないかという噂もあり、当局は厳戒態勢を敷いている。

4月5日

  • アカデミー賞を獲得したベンさんとハーさんが死去。

4月1日

  • 暫定税率さんが死去。享年30。延命治療もむなしく、自民党の対応が遅く民主盗によって外された。
  • 0時00分に2007年度2007年の後を追うように死去。2007年の死去からわずか3ヶ月後であった。

3月31日

  • ツーカー携帯がauに殺害された。これによりauはより力をつけるものと思われる。またこれによりツーカーユーザーの古生代原人たちはauによる洗脳を受けた。

3月30日

3月27日

3月19日

3月15日

3月12日

  • 第一次世界大戦に従軍した最後のフランス軍人、ラザール・ポンティセリさんが死去。1914年に海外部隊に入隊したが負傷し、以後93年以上にわたって傷痍軍人恩給で生活していた。受給証明書だけで1120枚に達し、晩年は「俺は二等兵だったが、当時の将軍よりも恩給を稼いだ」とご機嫌だったという。

3月9日

  • あらららら~。独特のアドリブ吹き替えで知られた俳優広川太一郎がいつの間にかきらーん♪とお星様になっちゃったことがわかったりとかなんとかしっちゃったりして~。こりゃもう、みんな「そんなバナナ~」で大騒ぎったらありゃしない。

2月28日

2月27日

2月16日

  • HD DVDさん死去。2年間に渡り悪の超能力開発機関SONYBlu-rayに抗っていたHD DVDさん(1歳)が死去。本人はまだまだ戦う気だったものの、見るに耐えかねた父親(東芝本社)によってアレされた模様。18日月曜日に葬式が予定されている。

2月13日

  • 「ビルマの竪琴」などで知られる映画監督の市川崑氏が死去。遺作は「犬神家の一族」で、犬神家が同氏の遺産をめぐっても相続争いを始めるものと見られ、金田一耕助が捜査を予定している。

2月10日

  • ソウルの南大門が放火で、焼死。韓国の国技と寒中キャンプファイヤーを国宝で行うという、超絶なパフォーマンスに、歓声と爆笑が上がった。日刊放火マガジンの号外が配られ、翌日の放火マガジンの売り上げが過去最高になるほど、韓国放火界に衝撃を与えた。610歳だった。一説によれば、これは韓国の新大統領から日本への建国記念日祝いのセレモニーであるとの声も上がっているらしい。

1月27日

  • プロ力士の朝青龍が同じくプロ力士の白鵬に殺害された。関係筋の話では「もう二人横綱の場所は見られないだろう。喜ばしいことだ。」とのこと。

1月21日

  • 動物でいう(今で言う)に所属したスーパーカーのうちの一台の加藤博一が故障してしまった。

1月19日

  • レスリング吉田沙保里の連勝記録が死去。119歳という大往生だった。彼女がアメリカの選手に敗れた事によるショック死とみられている。それと時を同じくして、114歳の妹である吉田沙保里の国際大会での連勝記録も死去しており、警察が姉妹の死亡の関連性について調査を始める予定。

1月11日

1月7日

  • 2007年から危篤説が流れていたNTTドコモPHSが、深夜ついに死亡。日本各地のドコモショップの店頭には、追悼の意を示すユーザーが殺到し、その数は全国の合計で15万人を数えた。入院中である同僚のシティフォンも動揺を隠せない。主治医によれば、「今年の梅雨を越せるかどうかが山場」とのこと。

<2007年~2006年 | 2010年~2011年>

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ