UnNews:訃報

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

訃報はバ科ニュースではなくここに追加して下さい。もちろん{{訃報}}にも。

過去ログ[編集]

2017年[編集]

9月12日
  • 自分とこの組員が特殊詐欺で罪を問われた序に使用者責任を問われていたドンが、現世での裁判が決着しないまま閻魔大王の法廷から数えきれないほどの罪状で呼び出しを食らった模様。
9月10日
9月8日
9月6日
  • ケイト・ミレット、自著『性の政治学』で取り上げた性差別があの世でも存在するのか実地調査へ。
9月3日
8月30日
8月28日
8月26日
8月20日
8月18日
8月7日
7月31日
7月24日
7月21日
7月18日
7月13日
  • 中国、ついに怨敵の抹殺に成功する。
7月11日
7月8日
7月1日
6月23日
  • 大内延介九段、あの世行きの飛行機に乗るために乗り遅れかけて、あの世航空の社員を殴ろうとするも寄る年波には勝てず受け止められる。なおあの世行きの飛行機には乗り遅れず、無事にあの世へ到着した模様。
6月22日
  • お義父様愛する夫は日々猛烈に歌舞伎道に励んでおります。ご安心を」「いやいやいや……熱心なのはいいが、あなたこっちに来られたほうがよっぽど不安なのだが……」
6月16日
6月13日
6月12日
  • 太田昌秀・元沖縄県知事が鉄血勤皇隊で犠牲となった元の同級生に、いまだ沖縄がアメリカに占領中であることを告げに逝く。
6月9日
6月8日
5月29日
5月24日
  • あゝまごよ、君死にたまふことなかれ。
5月23日
  • 「二度死ぬ」と言われていた007に、二度目の死が訪れる(中の人が違うのはご愛嬌)。
5月19日
5月18日
5月17日
5月16日
5月15日
  • かつては陽の沈まない国と謳われていたスペインにて、四季を彩った太陽が静かに沈む。
5月11日
5月8日
  • ゴダイゴのヒット曲を数多く手がけた音楽プロデューサーの山田廣作が愛の国「ガンダーラ」へと旅立つ。
4月26日
4月23日
  • 長年の間デジタル音楽業界を支えてきたMP3氏が死亡。
4月17日
4月15日
4月13日
4月12日
4月6日
  • 花も嵐も踏み越えて、芸能生活71年。親友の上沼恵美子へと後を託し、上方演芸の伝説が人生と言う回り舞台を下りる。本当は、冥土で浮気三昧の元夫に対して、今の妻に代わって怒りに行ったらしい。
4月5日
  • 先に幽明境を異にした『折々のうた』の詩人・大岡信が、あの世で『天国のうた』の創作開始。
4月1日
  • グラミー賞特別賞受賞者・梯郁太郎が、天国で奏でる音楽にその技術を応用させてとの招待に応じる。
3月31日
3月22日
  • 時間犯罪者・佐藤大輔が多くの未完作品を遺して死亡したことをタイム・パトロールが確認。
3月20日
  • 広島原爆で被爆し、その後も医師として尽力された肥田舜太郎さんが肺炎のため100歳で亡くなった。早すぎる死に対し、放射能による被害が疑われている。
3月18日
3月14日
  • 4月から始まる予定だった『警視庁捜査一課9係』のメインキャストが死去、1クール分を主人公不在のまんまで放映することに。
3月10日
3月1日
  • 腰に手ぬぐいぶら下げたは下駄を鳴らして逝っちまった…。
2月26日
2月20日
2月17日
ミッフィーの生みの親、ディック・ブルーナ氏死去。享年89歳。


2月16日
2月12日
2月11日
2月8日
2月7日
2月3日
1月31日
1月25日
1月22日
  • Uncyclomedia-logo.svg
1月21日
1月15日
  • 「スーパーフライ」「飛獣」の異名で知られたプロレスラーのジミー・スヌーカが自慢の跳躍力で颯爽と天国へリングイン。
1月8日

2016年[編集]

12月31日
12月29日
  • 真田丸』に触発された俳優の根津甚八が実際の真田十勇士を取材し映像化すべくあの世へ。もちろん本人は自身の芸名の由来となった役を熱望している模様。
12月28日
12月27日
12月26日
  • 相場師加藤暠、現世では法律が喧しくて思い通りに動けないと勝負の場を冥土の相場へと移す。
12月25日
12月16日
大阪名物パチパチパンチで心臓に負担をかけ続けた島木譲二。ついにポコポコヘッドで倒れる。
12月8日
12月5日
  • 10月に死去した俳優平幹二朗の葬儀の参列客にマイクを向けていた芸能リポーターの武藤まき子が今度は故人から直接コメントを伺うべく冥界へ赴く。
  • 黒沢健一L⇔Rからへ。
12月4日
11月29日
11月28日
11月25日
11月24日
11月15日
11月14日
  • 勤続30周年を迎えたばかりの山口六平太が突然の退社。作者がいきなり活動拠点を天国へ移した為、一緒に転職することになった。
11月13日
11月11日
11月9日
  • 俳優石黒賢の父としても知られる元テニス選手の石黒修が天国テニス連盟から会長への就任を依頼される。
10月27日
10月23日
10月20日
  • 女性として七大陸最高峰制覇を果たした登山家・田部井淳子が中有の旅路を制覇しに向かう。
  • 「おーいジャイア~ン!!」「おうスネ夫、久しぶり。でもこっち来るのちょっと早すぎなんじゃねえのか?」
10月16日
10月13日
10月10日
10月5日
9月27日
  • 滅多にメディアに姿を現さないことから「ツチノコ芸人」と呼ばれていた漫談家のテントが自らのUMAとしての地位を永遠のものにする。
9月26日
9月25日
9月18日
  • 名古屋空襲被害者杉山千佐子が「おみすてになるのですか」と、空襲議連の前会長鳩山邦夫に直訴へ。
9月17日
  • 9月3日に両津勘吉氏が余命2週間であることが宣告され、本日予定通り天寿を全うした。ミサイルでもウィルスでも猛獣・怪獣・異星人相手でも死ななかった両津氏の死因は創造神の「区切りがいいので」の一言。
9月9日
加藤の乱の際、谷垣禎一から「加藤先生は大将なんだから! 一人で突撃なんてダメですよ! 加藤先生が動く時は俺たちだってついていくんだから!」、杉山憲夫から「死ぬも生きるも一緒だ」と言われて降伏した加藤紘一一人で死んだ
8月30日
8月29日
8月24日
8月22日
8月21日
8月15日
  • 生存個体が一体しか観測されておらず、絶滅危惧種として保護議論が起こっていた人間の姿をしたクジラが絶滅。
8月3日
  • 「最強の未勝利ドライバー」ことクリス・エイモン、例に漏れず逝きそうで逝かない状況だったが、ついに優勝。時速300kmで天国へ。
7月31日
7月26日
  • 世界的ピアニスト兼蛮族の中村紘子氏、ショパンのソナタ二番第三楽章の調べとともに天国へ。告別式は行われず、代わりにハウス・ザ・カリーが振る舞われるお別れの会が実施される予定。
7月22日
7月12日
7月7日
  • 作詞家・ラジオパーソナリティ・タレントの永六輔大往生。もちろんマスコミは、アベ政権に潰されるのを恐れ、氏の反権力・反天皇・反戦争・反メートル法・嫌関西・嫌スポーツ・嫌現代テレビその他諸々の言動について何も触れず。
7月3日
  • 遥か時は流れて、あの男はもういない、高い空の真下で、歌う歌はもう無い。
6月30日
6月21日
  • 鳩山邦夫、自らの人生を冥土へのベルトコンベヤーに乗せる。
6月20日
6月15日
6月14日
6月6日
6月5日
6月4日
6月3日
5月18日
5月17日
5月12日
  • 演出家の蜷川幸雄に倣い、天国200系をベースに演劇をテーマにしたジョイフルトレインをプロデュースすると発表。
5月5日
  • 初音ミクとのコラボで話題となった冨田勲の最新作『ドクター・コッペリウス』の天国公演が決定。
5月3日
4月26日
4月23日
4月21日
4月20日
4月12日
喪黒福造「みなさんも風邪にはくれぐれも気をつけましょうね~、オーホッホッ~」
4月3日
  • デジモンの主題歌で御馴染みの和田光司氏が、遂にゴキゲンな蝶になって、きらめく風に乗って、無限大な夢のあとの何もない世の中へと旅立つ。
4月1日
  • 子供向け番組を潰してまでも誕生したチャージ730!死亡。後番組の子供向け番組戻ってこられず、文字通り「死に枠」となってしまった。
3月31日
3月25日
3月24日
  • 現代サッカーの礎であるトータルフットボールの中心であり、ドリームチームと呼ばれたバルセロナを率いた空飛ぶオランダ人が、その名の通りに遥か空の彼方へ飛び去って行った。
3月21日
ニャー、ニャー、ニャー。ホーホケキョ、ケキョ、ケキョ。ニャー、ニャー、ニャー。ワオーン。ホーホケキョ
3月17日
3月6日
3月5日
3月3日
2月29日
2月20日
  • 「もうあかん やめます!」と大阪市やめるやめる詐欺を20年以上もやってきた靴屋「シューズ・オットー」が、終にホントの店仕舞い
2月19日
2月18日
2月16日
2月14日
2月4日
2月2日
2月1日
1月30日
  • 2年縛りでおなじみの、携帯電話会社専属緊縛師実質0円が総務省により殺害される。
1月18日
1月14日
1月10日
  • デヴィッド・ボウイが、「冥界で最も影響力のあるアーティスト」を目指して旅立つ。
  • 最期の時まで数々のニュースを独自の鋭い目線で斬り続けた竹田圭吾さんが天国で起こる諸問題へコメントをするため出張する。
1月9日
1月3日
  • 現実の日本経済人間の顔をした経済と程遠いものになっていくのを目の当たりにしながら、宮崎勇元経済企画庁長官があの世で自らの政策を実現しようと中有の旅路に出る。
1月1日

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ