UnNews:菅首相、小沢氏に原子炉建屋での作業要請へ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

官邸筋によると、菅首相小沢一郎衆院議員に、福島第一原発2号機の原子炉建屋内部での作業を要請する方針を固めた事がわかった。

小沢氏は、大震災以降、菅政権の対応への批判を強めると共に「最後に責任を取るのが政治家の仕事だ」「原発問題を解決するには、早急に決死隊を送るしかない」などの具体案を矢継ぎ早に提唱していた。

菅首相は、これらの提言を受けて、「小沢先生の言葉には強い感銘を受けた。やはり小沢先生は偉大だ。小沢先生は国会の隅っこで燻っている様な器じゃない。先生のご意見はもう十分頂戴いたしましたので、その雄弁な口に全面マスクをお付けいただいて原子炉建屋でご活躍いただき、政治家として、そして人としての最後の花道を飾っていただきたい」と熱い思いを周囲に語っていたという。

東京電力関係者によると、小沢氏には、福島第一原発2号機の原子炉建屋に泳いで入って、圧力抑制室の破損箇所をガムテープで補修する作業が割り当てられる予定だという。また、小沢氏が原子炉建屋に入った直後から、2号機全体をコンクリート製の建造物で覆う「石棺」の作業が急ピッチで進められるという。原子力安全・保安院によると、石棺による閉じ込め効果で小沢氏の政治的影響力は、原発敷地外ではほぼゼロまで低下すると考えられるという。

菅首相は明日以降に小沢氏と直接面会し「宮城県の被災地視察」を要請する方針だという。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ