UnNews:米政府、硫化水素による自爆テロ多発で在日米国人に退避勧告

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

2008年5月12日

【ワシントン】米国政府は5月11日 (現地時間)、日本国内で硫化水素による自爆テロが頻発しているとして、日本に滞在する米国人に対して退避勧告を発令した。

日本国内では、2007年3月に最初の硫化水素による自爆テロが発生して以降、各地で散発的に硫化水素テロが発生していたが、2008年3月頃から全国各地で連日のようにテロが発生するようになった。 犯行現場に残された声明文に「硫化水素発生中」「開けるな」などの共通する文面が出てくることから、CIAはテロ多発の背景に、自爆を教唆するテロ組織の存在があるとみて警戒していた。 一方で、硫化水素テロの標的はそのほとんどが一般民家であったことから「米国民がテロに巻き込まれる可能性は低い」として渡航規制などは出していなかった。

しかし、4月25日に関東地方を中心とした全国5カ所で硫化水素テロが発生し、うち一件は東京都内にある高級ホテルスイートルームが標的となった。不特定多数が宿泊するホテルの高級スイートがテロの標的となったことを受けて、CIAは状況が「日本人を狙った無差別テロ」から「高級スイートに宿泊する米国の要人を狙った過激なテロ」へと悪化したと断定し、その背景には国際テロ組織アルカイダの存在があると結論づけた。

また国防省は、日本国内の化学兵器製造プラントを撮影したとされる二枚の衛星写真を公開した。それぞれの衛星写真には工場らしき建築物が写っており、これらの工場で化学兵器の原料が大量生産されているとした。化学兵器を製造しているとされた各工場は、製造しているのは洗浄剤や入浴剤であり化学兵器工場ではない、と疑惑を全面的に否定している。

これらの証拠に基づいてライス国務長官は、日本政府にテロに対する迅速な対処を求めるとともに、テロとの戦いの一環として原子力空母3隻を日本近海に派遣し「不測の事態」に備えると通告。日本国内に滞在している米国人に対しては「今後数週間以内に日本各地にトマホークが降り注ぐ危険性がある」として退避勧告を発令した。

米国の通告を受けて日本政府は緊急の閣議を開き、事態打開のために天皇家と全閣僚と高級官僚は、家族を連れてアメリカへ向かうと発表した。


最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ