UnNews:管理者の陰謀か?ウィキペディアでウィキペディア (企業)の記事が削除される

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【2008年5月26日18時配信】 これは"ノン"フィクションです。
今月25日、ウィキペディアウィキペディア (企業)の記事が管理者によって不当な理由で即時削除されていたことを当社の記者が確認した。

ウィキペディアというと自称オンライン百科事典がまず第一に思い浮かぶが、今回削除された記事で扱われていたのは「有限会社ウィキペディア」という名称のソフトウェア開発会社であり、調べてみたところによると両者の業務・資本関係は一切無いようだ。

なぜこの記事が削除されたのか。ウィキペディアのある管理者は即時削除した理由を「宣伝目的だから」としているが、削除されたウィキペディア (企業)の記事には概要と業務内容が事典的に書かれており、過剰な表現も一切なく、1000バイト強とウィキペディアの記事ではごく標準的サイズで、内容にも特に問題は見当たらない(分量・内容的に言えばインターネット (企業)の記事とほぼ近い)。

内容にも特に問題は見当たらない

また、削除されたウィキペディア (企業)の履歴を調べると記事が過去にも3回削除されており、うち1回は上記と同じような「マトモな」内容であったことから、「ウィキペディアの管理者の陰謀」ではないかと思われる。

ウィキペディアでは過去にも様々な記事や記述が怪しい・疑わしい理由で削除されているが、今回の削除理由が果たして「陰謀」であったかは定かではない。なお、ウィキペディア (企業)は現在は「宣伝投稿がくりかえされるため」という名目で白紙全保護(※管理者以外は、記事を作成しようと思っても出来ない)状態にされている。ウィキペディアはフリーな百科事典を謳っているが、少なくともウィキペディアが「誰もが"自由に"編集にできる場所」でないことだけは確かなようだ。

▽インターネットに詳しい東東京大学教授 深大寺将雄さんの話
もしウィキペディア (企業)の記事が削除されずに存続してしまえば、ウィキペディアの「ウィキペディア」記事から「日本のソフトウェア会社についてはウィキペディア (企業)をご覧ください」と誘導せざるをえなくなり、検索サイトでもウィキペディア (企業)が上位に表示され、「ウィキペディア」という社名であることによって結果的に会社の存在が「宣伝」されることになってしまう。今回、ウィキペディアが『宣伝目的』と見なしたのは記事の内容ではなく『ウィキペディア』という社名を名づけたことにあるのではないか?宣伝目的で自サイトと同じ名前の会社を名づけたことが気に喰わなかった。…それが今回の削除の真相であり、まさにウィキペディアの「気に喰わないモノは全て排除してしまえ」という閉鎖性・独裁性・意地の悪さが垣間見えた出来事であろう。

関連項目[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ