UnNews:猫のソラくん、一日核燃料取扱主任者に就任

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【23日(JST)、東京】

東京電力福島第一原子力発電所では、23日、三毛のソラくん(3)を、原発の一日核燃料取扱主任者に就任させた。それに先立ち22日には就任セレモニーが行われ、ソラ君との記念撮影が行われた。式典にはソラ君と関係者及び、200人の観客が出席、ソラ君に核燃料と原子炉に関する一切の権限が譲渡された。

核燃料取扱主任者とは、経済産業省が定めた国家資格で、核燃料の加工や処理に関しての責任を負うことができる、原子力発電所にはなくてはならない資格である。原子炉に関してはまた別の資格があるが、今回に関しては特別にソラ君への管理責任の委譲が認められた。

ソラくんは就任式が終わって早々、誤って制御棒を暴走させかけるというミスを犯してしまった。原子炉から漏れるチェレンコフ光にびっくりしたソラ君のほほえましい様子に、会場の人々からは笑みがこぼれた。その後も大きなミスをすることもなく仕事をこなし、原子炉からの水漏れなどの小さなミスをしつつも、無事に任務を全うすることができた。

東京電力の広報課の伊藤さんは、「原子力についてよりよく知ってもらうために、猫の駅長に便乗して、今回は猫の手を借りる形となった。これを機会に多くの人々に原子力について知ってもらえれば。」と話していた。会場に来ていたAさん(34)も、「なんだか今日は毛がよく抜けるが、原子力についてよく知ることができた。」と満足げだった。小学生のBくん(8)も、「なんだか貧血気味だけど、今日は楽しかった。」と 話していた。

2010年9月24日10時19分配信


UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?


最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ