UnNews:父の日中止へ - パンダにとどめを刺される

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【2017年6月16日配信】記者:真取健

父の日を2日後に控えた16日、菅内閣官房長官は16日「今年の父の日は中止する。来年については今後検討する」と発表した。父の日が中止されるのは初めてのことだが「(父の日は)元々知名度が低くて盛り上がらないので直ちに国民生活に影響するものではない」(同)としている。


起源が17世紀にあるとされる母の日に比べ、1909年に開始されたとする父の日は元々影が薄く、国民の50%以上が「存在自体を忘れていた」「知らない間に過ぎていた」と答えるなど不遇な扱いを受けている。


特に今年の場合、北朝鮮による核実験やミサイル発射問題、フランスの大統領選挙、アメリカトランプ大統領の言動など国際的な話題に事欠かなかった上、国内でも眞子様のご結婚や日本卓球界の若手選手の活躍、将棋界の新星・藤井総太四段の快進撃などでニュースにすらならない状態が続いていた。とどめは6月12日に上野動物園でメスのジャイアントパンダ・シンシンが出産したこと。これによって父の日にかすかに残されていた可能性にとどめが刺された。


なおフンをしたり、水を飲んだだけでニュースになるシンシンに比べ、父親のリーリーがニュースで取り上げられることはほとんどなく、ここでも父が母に完敗した格好だ。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ

このページは Chakuwiki由来のコンテンツを利用しています。もとの記事はNews:父の日中止へ - パンダにとどめを刺されるにあります。執筆者のリストは履歴をご覧ください。