UnNews:清原容疑者、傷害罪で逮捕

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

1989年 平沼定晴との乱闘

群馬県警は2日、元プロ野球選手の清原容疑者(48)を傷害罪で現行犯逮捕した。同氏は現在、覚せい剤使用の疑惑をもたれている。

清原容疑者は同日、少年野球チーム「長野原グリーンスターズ」の練習試合にボランティアとして参加していた。清原容疑者がバッターボックスに立つと第一球、ピッチャーの少年(12)の投球がデッドボールとなる。すると清原容疑者は突然激昂しバットを少年に投げつけ、そのまま飛び蹴りを食らわした。土手を自転車でパトロール中の巡査部長がその様子を発見し、少年たちの保護者数十名とともになんとか押さえつけ、清原容疑者を傷害罪で現行犯逮捕した。少年は軽症とみられる。

同チームの粒矢木監督は「清原さんは、やっぱりクスリやってたんだね。だってウチ軟式野球だよ?」「朝から機嫌がすごい良かったんだよね。だけどデッドボールを受けた瞬間、この世のものとは思えない形相になったんだよね。」「あれは、1989年の平沼定晴との乱闘を思い出すね。」と語った。

警視庁は、「以前から覚せい剤所持の疑いで内定捜査を行っていた。2日に清原容疑者の帰宅を待って逮捕する予定だったが、想定外の傷害罪での逮捕となった。血液検査と家宅捜索の後、覚せい剤取締法違反で再逮捕する方針。」と発表した。

これを受けて、各界の著名人から多数のコメントが寄せられている。歌舞伎俳優の海老蔵さんはブログで「ビックリ、清原さん」「投げるのは灰皿まで」とコメントした。また佐々木主浩氏は「彼がやったように、俺もそんなことをした清原をぶん殴ってやりたい」とコメントしている。また、桑田選手も「死球を今まで受け続けたから仕方ないとはいえ、正直ビックリ」と衝撃さを露わにしていた。

関連リンク[編集]

各界反応のまとめ - 日刊スポーツ


UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ