UnNews:永田町の伝統芸能、重要無形文化財指定へ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【2009年5月2日 (土) 17:00 (JST)】

国の文化審議会が、東京都千代田区永田町に伝わる各種の伝統芸能を、一括して重要無形文化財に指定するよう、塩谷文部科学大臣に答申することが二日明らかになった。

「牛歩戦術」「強行採決」「解散・バンザイ」も[編集]

今回指定の対象となったのは、十二種目の伝統芸能(表)。永田町内には衆院講参院講の二つの儀礼結社があり、それぞれ独自の慣習に従って祭礼を行っているが、今回盛り込まれたのは、両方の講で共通して行われている芸能が中心となった。一部に解散・バンザイなど、衆院講のみに見られるものが含まれるが、全体として二つの講のバランスを重視した配慮がうかがえる。

衆院講、参院講ともに、与党組野党組の二組の役割と連携が重要な意味をもつとされている。当初案では、与党組系の芸能である強行採決などが中心であったが、一部の審議会委員から「虐げられる側の芸能にこそ光が当てられるべきだ」との強い修正意見が出たため、新たに野党組系の牛歩戦術などが盛り込まれることになった。

答申を受けた塩谷文部科学大臣は、「永田町のみなさんの長年の取り組みが評価されて喜ばしいことだ」と、答申に沿った形での指定手続きに入ったことを明らかにした。七月に重要無形文化財保持者(人間国宝)・選定保存技術保持者認定書交付式が行われる。

表:重要無形文化財に指定される永田町伝統芸能[編集]

解説:おもな伝統芸能[編集]

牛歩戦術
衆参両講での採決祭りのなかで、まれに披露される伝統芸能。牛の歩みのようにゆっくりと歩を進めながら壇上へと向かい、その美を競う。歩の進め方の技法は能楽のシテ方観世流に由来するとされ、おもに野党組の間で伝承されている。採決祭りは頻繁に行われるが、牛歩戦術が披露されるのはおよそ十年に一度と言われ、それを目にすることはきわめてまれな「奇祭」の部類に入る。夜通しで行われることが多く、演舞者にも身体的負担がかかることから、近年は行われない傾向にあり、保存の必要性が叫ばれていた。
強行採決
衆参両講での採決祭りのひとつ。牛歩戦術よりは催される頻度が高い。与党組と野党組の息の合った緊密な連携が必要で、とりわけ若者たちの活躍ぶりが見どころとなる勇壮な祭りである。与党組の代表の「カケツしました」ということばを合図に、与党組、野党組の若者たちが「ギチョー!」あるいは「イインチョー!」というかけ声とともに、いっせいに壇上に駆け上がる場面で、祭りは最高潮に達する。座り込み、号外発行、デモなどの形で、祭りの高揚が場外に広がることもしばしばである。
解散・バンザイ
衆院講のみで行われる祭り。平均して約三年に一度、衆院講のすべてのメンバーがその資格を失い、儀礼結社の顔ぶれを入れ替える解散祭りが行われる。開催は不定期で、季節や農事暦との関わりは必ずしも明確でない。講のメンバー全員が集合したところで、講の代表が「カイサンする!」と叫び、それに合わせてメンバーたちがいっせいに「バンザイ、バンザイ、バンザイ!」と歓喜の歌を歌う場面が見どころである。なお、「○○解散」という祭りの愛称を考えるのが、野党組の重要な役割である。

喜びの声[編集]

  • 牛歩戦術保存会会長・土井たか子さん
    「地道な伝承の活動が評価されて、うれしい。若い継承者の育成に取り組みたい。この芸能が生まれる背景には、虐げられる者の苦渋の歴史があったことも、あわせて知っていただければと思う」
  • 強行採決友の会会長・安倍晋三さん
    「強行採決の心とは、孤独と勇気と美しさ。リーダーを目指す若者向けに、「強行採決ワークショップ」などで啓発の取り組みを進めてきた。これをきっかけに、全国の学校や職場でも普及を図っていきたい」
  • 衆院講代表・河野洋平さん
    「参院講とのバランスが重視されると聞いていたので、私たちのお家芸である「解散・バンザイ」が指定されたことはうれしい誤算だ。参院講とは、今後ともよきライバルとしてお互いを高め合っていきたい」
  • 参院講代表・江田五月さん
    「全体としてバランスを配慮したことは評価するが、良識が欠けた衆院講の不定期な「解散祭り」のみが盛り込まれたことは納得できない。良識ある私たちの定期的な「半数改選祭り」こそが指定されてしかるべきで、次回の指定を目指したい」

各界の反応[編集]

  • 石原慎太郎・東京都知事
    「永田町のあれね。私も、若い頃あれこれやったけどね。たいしたもんだな、東京の底力が認められたってことなんだから。オリンピックの開会式を、保存会のみなさんに牛歩で盛り上げてもらうのもいいね」
  • 橋下徹・大阪府知事
    「永田町なんて、バカですよ。あんな中央のくだらないことを保存しようなんてね。国はむしろ、地方のことにちゃんと目を向けるべきでしょう。六甲おろしだってたこ焼きだって、いろいろあるんですから」
  • 御手洗冨士夫・日本経団連会長
    「長いお付き合いのある永田町のみなさんの活動が評価され、自分たちのことのようにうれしい。このことが、景気回復にプラスになることはまちがいないと思う」
  • バラック・オバマ米大統領
    「悪の枢軸指名演説やスタンディング・オベーションなど、ワシントンには世界に誇るべき輝かしい芸能がある。永田町の保存会とも文化交流を進めていきたい」

識者はこう見る[編集]

  • 「強行採決」問題に詳しい元衆院講メンバー・浜田幸一さん
    「芸能として保存だなんて生ぬるいこと言ってちゃいけない。永田町には、人殺しとか裏切りとか追い落としとか、もっとすごいことがいろいろあるんだから」
  • 日本の伝統芸能に詳しい京都大名誉教授・森毅さん
    「私が京大におったころは、学生たちもいろんなことやってましたな。永田町もええけども、大学の学生運動文化のなかにも、おもろいもんがいろいろあるんとちゃいますか」
  • 「バンザイ」問題を考える会会長・志位和夫さん
    「解散祭りは大切な行事だが、「バンザイ」を芸能として保存するのはいかがなものか。大量の失業者が生まれることでもあり、いいことばかりとも言えないのが現状だ。表向きの歓喜のムードに流されてはいけない」

外部リンク[編集]

十大バ科ニュース

この記事は2009年十大バ科ニュースにて第八位を受賞しました。
いや、ただこれを貼っただけなのですが、なにか?

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ