UnNews:民主・維新、合流後の新党名決定か

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【永田町日報 2月24日配信】

民主党の岡田代表と維新の党の松野代表は、夏の参議院選挙に向けた両党の連携を巡り、民主党の党名などを変更したうえで、維新の党の議員が民主党に参加する形で両党が合流する方針で合意した。両党執行部は「新党準備協議会(仮称)」を近く設置し、新たな綱領や基本政策を検討する考え。民主党の最高顧問を務める、赤松・前衆議院副議長は「ネガティブなイメージが染みついた民主党という名前では、選挙で勝ち目は無い。即刻党名を変えるべき。」と記者に述べた。民主党の細野豪志政調会長は23日の記者会見で党名変更への慎重論に対し「党名は変わるが、内容が変わるわけではないので安心して欲しい。」と語っている。

新党名について民主党の多数の議員から「民主党」の名前だけは部分的に残して欲しいとの主張があり、維新の党の執行部も理解を示した。民主党と維新の党が合流する新党名は「○○民主党」のような「民主」の二文字も取り込んだ形にする予定である。民主党と維新の党の各執行部は各党内に、新党名についての意見を打診している。現在の所集まった案は「立憲民主党」「公正民主党」「改革民主党」「進歩民主党」などが有ったが、民主党の本来の立場である「リベラル」の意味を新党名に含ませたいとの元大臣の発言や、民主党に協力的な学生組織SEALDs自由民主主義のための学生緊急行動)からも「自由と民主主義のために頑張って欲しい」との声が寄さられたため、新党名は「自由民主党」とする案が最有力である。

菅義偉官房長官は23日午後の記者会見で、民主党が維新の党との合流に当たり党名変更を検討していることについて、「党名だけで物事が変わるとは思わない」との見方を示した。


最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ