UnNews:橋下徹、大阪府最低賃金を「156yen/h」に決定

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

大阪府橋下徹知事は、2008年度の大阪府最低賃金を「156yen/h」と決定した。 最低賃金とは「その都道府県において労働者に最低これだけは払わなきゃならない時給額」であり、これ以下の給料しか払っていない場合、労働組合が騒ぎ出すことになる。

時給156円では一日中働いても3000円程度にしかならない。橋下氏によると「現在大阪府は大変な財政難である。労働者に払うお金があるならそれを全て府庁に回して欲しいのだ。去年の最低賃金は600円ちょいだったから今回の措置で相当のが浮くはずだ。それを全額府に寄付して欲しい。」とのこと。この措置に各労働組合が黙っているはずも無く、「我々労働者に対する冒涜だ。」「人の給料カットするなら自分の給料カットしやがれクズ。」「そもそも何で知事のあんたが労働問題に首突っ込むんだ。管轄外だろうが。」といった罵声を浴びせている。これに対し知事は給料の自主返納を宣言。「一日156円」で生活するとマニフェストしたが移動用の公用車の維持コストだけで10000yen/h程度かかっているので無理であろうと思われる。

橋下徹知事は財政難に苦しむ大阪府の再建活動を積極的に行っており、これもその一環であると思われる。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ