UnNews:松岡修造さん火星へ - 地球温暖化対策で

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【2017年5月25日配信】記者:真取健

環境省・地球温暖化対策局は25日「元男子プロテニス選手兼スポーツキャスター・スポーツ解説者の松岡修造さん(49)を火星に派遣する」と発表した。地球温暖化対策が目的。

松岡修造さんは芸能界きっての熱い男として知られており、かねてからネットを中心に「松岡修造が大人になった頃(1988年頃)から地球温暖化が始まった」、「松岡修造が訪れた国の気温が5度上がり、去った国の気温は5度下がる」、「松岡修造が来ると快晴になる」という都市伝説が存在した。

事実2010年のバンクーバー五輪では、松岡修造がバンクーバに応援に駆けつけ、バンクーバは深刻な雪不足となり、日本には寒波が訪れた。さらに2014年に開催されたソチオリンピックで松岡さんがレポーターとしてソチを訪れた際には冬季オリンピックであるにも関わらず、気温が17℃となって晴天に恵まれる一方、日本では47年ぶりの大雪に見舞われるなど、伝説が実話化していた。

環境省は当初、松岡さんを寒波に見舞われている国に派遣することを検討したが、より世界的な観点から火星に移住してもらう方針を固めたもの。さらに年間の平均気温が-55℃の火星(地球は15℃)の気温を引き上げることでNASAが計画している、人類の火星移住計画に関する環境向上策を兼ねる、としている。

ただし日本が寒波に見舞われた場合は地球に一時帰還してもらい、寒波に見舞われた地域に派遣して寒波対策とする。

松岡修造さんの火星移住で目に見える成果があがった場合、次にアニマル浜口さん(69)を同様に火星に派遣する予定。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ

このページは Chakuwiki由来のコンテンツを利用しています。もとの記事はNews:松岡修造さん火星へ - 地球温暖化対策でにあります。執筆者のリストは履歴をご覧ください。